「当ブログはアフィリエイト広告を利用しています」

ウイルスバスター更新の有効期限が反映されない?簡単な対処方法を紹介

トレンドマイクロ「ウイルスバスタークラウド」の有効期限が来たので延長更新をした。

ところが、更新手続きが完了したのに、表示の有効期限が今までのままで延長されていません。

これは、更新手続きが反映されないのでしょうか?

そこで、今回はウイルスバスター クラウドの有効期限が更新後も反映されない問題の対処方法を紹介します。

「PR」

【ウイルスバスター】更新したのに有効期限が反映されない?

トレンドマイクロのウイルスバスターの有効期限が切れるので、延長する手続きをWeb上から行いました。

トレンドマイクロの手順に従って延長手続きが完了して、手続き完了のメールも届き来ました。

そこで、確認のためパソコンのデスクトップのアイコンを開き、有効期限が延長されたかを確認。

すると、矢印の部分に表示される有効期限は更新前の古いままで更新されていないのです。

クレジットカードで支払いが完了しているので、もしかして何か失敗でもしたのかと不安になります。

その処理方法を調べたので紹介します。

有効期限が反映されない問題の対処方法を紹介

ウイルスバスター クラウドの有効期限が更新されない問題の対処方法を紹介します。

手順は以下の通りで簡単です。

まず、パソコンのデスクトップに表示されているウイルスバスタークラウドのアイコンをクリックします。

次に、矢印のアイコンをクリックします。

プルダウンメニューが表示されるので「製品登録情報」をクリックします。

すると、お客さま情報が表示されます。

ここで更新の状況が確認できます。

下の画像では、ウイルスバスタークラウドの有効期限が延長されたことが確認できます

この画像では1年更新なので、残っている有効日数と次の1年分の合計日数418日が表示されています。

ここで初めてウイルスバスタークラウドの更新が確認できました。

最後に、もう一度パソコンのデスクトップから表示が更新されたかどうか確認します。

ウイルスバスタークラウドのアイコンのをクリックして確認。

今度は最新の更新され表示されています。

・アップデート確認日が表示された

・右下に表示されている有効期限が更新された

表示が新しく更新されて有効期間が正しく表示されるようになりました。

ウイルスバスターには1年契約でもお得な自動更新がある

ウイルスバスタークラウドは3年契約など長期契約だと契約期間がサービスで延長されてお得です。

しかし、割引や延長サービスが無くても、ぼくはウイルスバスターの更新を1年毎にしています。

理由は、更新という手続きをすることで見逃しがちなウイルスバスタークラウドの見直しができるから。

もし1年毎の契約更新を忘れないように自動更新を希望する場合はお得なサービスがあります。

それは1か月の延長プレゼント。

引用:トレンドマイクロ

可能な方は1年間契約料金が変わらずに有効期限が1か月延長されるので、おすすめします。

自動延長の設定はウイルスバスター公式サイトで確認できます。

ウイルスバスター更新の有効期限が反映されない(まとめ)

ウイルスバスタークラウドの更新では、このように有効期限が反映されないことがあります。

対処方法は「製品登録情報」をクリックして確認するだけで、最新の表示に更新されます。

ぜひ、お試しください。

■関連記事

「PR」
セキュリティ関連
この記事を書いた人
NAO@naoテック

このサイトの運営者NAOと申します!ブログ歴2006年から18年目、ブログ、WordPress、Googleアドセンス、アフィリエイトのノウハウを提供するWebサイト『naoテック』の運営者。これまでの豊富な経験と積み重ねた実践的なノウハウで分かりやすく解説します!初級システムアドミニストレータ。

NAO@naoテックをフォローする
アドセンスとブログを快適に!

当ブログでは、Googleアドセンスをメインに記事を作成しています。アドセンスの広告、収益、コンテンツなどのスキルアップを目指しています。また、アドセンスを運用するブログのWindows、セキュリティ、サイト最適化、SEOについてもノウハウを書き留めています。ぜひ、皆様のお役に立てていただければと思います。

NAO@naoテックをフォローする
★ブログランキング参加中!
タイトルとURLをコピーしました