ブログの成長には早咲きと遅咲きがあり、PV数はそのうち増加してきます!

アドセンス・ASP
この記事は約2分で読めます。

ブログの数がとうとう2桁になろうとしている
この頃です。

スポンサーリンク

ブログにはそれぞれ特徴がある

ブログにはそのジャンルによって
成長の早咲きと遅咲きがあります。

成長の早咲きとは
ブログを開設してまもなく1カ月もたたないのに
PV数が結構早い増加をすることです。

遅咲きのブログは
何か月待ってもなかなかPV数が上がらず
しびれを切らすブログです。

早咲きのブログの特徴

これは全ての早咲きのブログの特徴ではなく
あくまでもわたしのブログのことですから
参考です。

ブログを立上げてから半月は皆さんと同じように
アクセスは皆無です。

ところが1カ月の後半ぐらいから
突然PV数が増加するのです。

右肩上がりの嬉しいような
信じられないような増加です。

しかし、この傾向は最初は嬉しいのですが
その後1年もすると
増加はおさまり微増に転じます。

遅咲きのブログの特徴

早咲きのブログを基準にすると大変です。

何か月たってもPV数が増加しないのです。
10PVや20PVが1日のピークで1年近く増加しないのです。

もうあきらめのブログなのです。

そして10カ月が過ぎること
突然豹変するのです。

アドセンスがほぼゼロの収益だったのが
1クリックで3桁が続くのです。

PV数はそれほどでもないのに
クリックされる確率が高くなるのです。

そしてアナリティクスで全期間のPV数をグラフ化して
確認すると
確かに微増していて確実に右肩上がりになり
なかなか崩れません。

グラフがきれいなのです。

ブログの成長はまちまちです。

当然と言えば当然なのですが、
しかし、遅咲きのブログは心配した見たり
やめようかと思ったりします。

でも、記事数が300、400と増加するにつれて
特化ブログの様に早咲きではなく
雑記ブログは遅咲きなのです。

記事の範囲が広く
そのぶん記事数をたくさん書く必要があり
遅咲きになると思われます。

特化ブログより4倍も遅いし
記事数も必要ですが、

一度成長すると
守備範囲が広いので
広く集客するように成長してきます。

現在早咲きブログを抜いて
稼ぎ頭になりつつあります。

おわりに

ブログで収益をあげるということは
待つことに耐える強いモチベーションが必要です。

かならずブログは
季節が来ると

きれいな花を咲かせて
想定外の収益をもたらします。

nao(NAOテック)

タイトルとURLをコピーしました