「当ブログではアフィリエイト広告を利用しています」

リライトしたら順位が下がった!失敗したのか?

記事をリライトしたら検索順位が下がったので心配になるのでは?

これはリライトに失敗したためでしょうか?

そこで今回は、リライトで順位が下がる原因と対処方法を紹介します。

「PR」

リライトしたら順位が下がった!

検索順位が徐々に下りはじめると、順位を上げたくなりリライトするのではないでしょうか?

もっと順位をアップするには、さらに項目を追加したり、タイトルを見直した変更したり、コンテンツを大きく書き直したりします。

2~3日でリライトした記事は変更が反映されます。もっと早いときは約数時間でリライトが反映されることもあります。

そして、その結果を確認してみると、なんと順位が下落していることがあります。

それまで5位前後だった検索順位が15位~20位まで下がったりすることもあり不安になります。

リライトが失敗したのか?

リライトによる検索順位が下がるのは、リライトが失敗したということなのでしょうか?

リライトによる検索順位の変動はブラックボックスになっていて、その仕組みはわかりません。

そのため、リライトでの検索順位がどう変化したかの体験から推測して原因を推測したりします。

なので、エビデンスのある回答はみつかりません。

では、そのリライトはどんな目的だったのでしょうか?

リライトはなんのため?

Googleでは、こんなコメントを公開しています。

有用でないコンテンツ自体だけでなく、そうしたコンテンツを比較的多く含むと判断されたサイトにあるコンテンツも、ウェブ上の他のコンテンツを優先して表示すべきと判断されて、検索での掲載順位が下がります。そのため、有用でないコンテンツを削除することで、他のコンテンツのランキングが改善する場合があります。

引用:Google for Developers

つまり、有用でないコンテンツはあるだけで検索順位を下げるリスクがあると解釈できます。

リライトの目的は検索順位を上げることではなく、ユーザーにとって有益なコンテンツに改善することです。

ユーザーにとってさらに有益なコンテンツにするためのリライトが最大の目的だと言えます。

ユーザーの有益性よりも、検索順位を上げることに趣を置いたリライトはGoogleの意図とはかけ離れると考えます。

リライトによりユーザーが記事を読みやすくなったり、有益なコンテンツが増えたり、検索意図を保管する追記や変更はGoogleが最も大切にする意図といえます。

そのつもりでリライトしても検索順位が下がるのはなぜでしょうか?

リライトで順位が下がったときの対処方法

リライトして検索順位が下がった原因と対策にはいくつかの味方がありました。

  1. リライトで検索順位が下がったのは一時的であり、また元の順位まで戻ることが多い
  2. リライトで検索順位が下がっても、ユーザーファーストなら問題ない
  3. リライトで検索順位が下がったのは、ユーザーの検索意図とずれたのでは?

リライトによる検索順位が下がる原因はGoogleしかわかりません。

しかし、体験からすると、リライト後一時的に検索順位が下がってもユーザーを第一に考えたリライトなら問題ないと感じています。

Googleの検索アルゴリズムはブラックボックスなので推測しかありません。

ぼくが経験したのは、リライト後に15位~5位に数時間で上昇したコンテンツがあります。

この場合はユーザーが求める内容に不足があり、追記したこと。さらに外部の研究団体に張ったリンクが切れていたので、最新のリンク先に修正したことです。

これだけで数時間後に10位以上順位があがりました。

一方で、レッドオーシャンのジャンルではリライト後に順位が大きく下がりました。下がった順位が売技き始めるまで2週間以上かかったケースもあります。

まとめると、最低2週間~1か月はリライト後の検索順位を日々チェックすることが大事だと考えます。

リライトの効果をGoogleはどのように判断するかブラックボックスである以上、時間をかけて見守ることが大切だと実感しています。

リライトしたら順位が下がった!(まとめ)

リライトはあくまでもユーザーファーストで行うのが重要で、検索順位を上げることだけにとらわれてしまうとリライトの結果に影響がでると感じています。

ユーザーファーストでリライト下にも関わらず、検索順位が下がるのは、Googleの検索アルゴリズムが判断するために一時的に順位を下げて、改めて順位を設定するのではないかと思います。

リライトによって検索順位の変動に一喜一憂してもあまり意味がありません。

大事なことはユーザーの検索意図にあっているかをチェックするリライトであることです。

ぼくは日々の順位を計測するために 検索順位チェックツールGRC を使っています。

リライトがユーザーにとって有益かどうかの変化を見るにはおすすめのツールです。

タイトルとURLをコピーしました