米国CA「プライバシー権保護(CCPA)」歴史的な一歩か?アドセンスの通知から読む

Googleアドセンスから早朝に英文で通知が届いていていました。英文の通知内容を確認すると意外なことが見えてきました。

アドセンスの英文通知のタイトルはこんな感じです。

「Important updates about the California Consumer Privacy Act (CCPA)」

直訳だと「CCPA]に関する重要な更新という意味にとれます。

そして挨拶がつぎの文章で始まります。その意味とは?

Dear Partner,
The California Consumer Privacy Act (CCPA) is a new data privacy law that applies to certain businesses which collect personal information from California residents. The new law goes into effect on January 1, 2020.

概要は、カルフォルニア州の住民から個人情報を収集する特定の企業に適用される「新しいデータプライバシー法」です。

米カリフォルニア州のCCPAの執行規則が2020年1月1日から施行されるようです。

Googleはこれに準拠するという内容だと理解しました。

CCPAとはどんな法律なのか?

「California Consumer Privacy Act (CCPA)」は、カリフォルニア州消費者プライバシー法のことです。

次の項目の様に定めています。

(1)消費者への通知、(2)開示・削除請求を処理するための方法・手順、(3)開示・削除請求に関する本人確認方法、(4)未成年者に関する特別ルール、(5)差別的取り扱いの禁止

インターネット時代の人々の権利を定める

カリフォルニア州の司法長官のザビエル・ベセラ氏はプレスリリースで次のように伝えています。

「今日、カリフォルニア州民のプライバシー権を保護するために歴史的な一歩を踏み出した。カリフォルニアが先頭に立ってもう一度、インターネット時代の人々の権利を第一に考えていく」

引用:日本貿易振興機構より2019/10/16

Googleの通知を通して見えてきたことは、インターネット時代にどの様に市民の権利を保護するかということです。州が行う画期的な法律は、来年先駆けてカリフォルニア州で始まるのですね。

おわりに

米国カリフォルニア州で2020年1月1日からカリフォルニア州消費者プライバシー法が施行されるに伴うGoogleからの通知でいた。ここから読み取れるのはインターネット時代の人々の権利を保護するということでした。

この通知に対する対応は特段無いと思われます。

英文で通知が来ると、ドキッとしますが今回は通知だけだと理解して安心しました。

nao(NAOテック)