アドセンスで稼ぐには収益の増減に一喜一憂しない?

アドセンス・ASP
この記事は約4分で読めます。

アドセンスで稼ぐときには「日々の収益の増減に一喜一憂」しても、なんの利益にもならないことを紹介します。

アドセンスの審査を通過すると広告コードを貼ったり自動広告を設定して収益を上げることがスタートします。

いよいよアドセスで収入が入る時をワクワクしながら待ち、そして記事を投稿する日々が続きます。

スポンサーリンク

アドセンスの収益に一喜一憂しないとは?

アドセンスは一朝一夕に成果がでる仕組みではありません。

物販のASPアフィリエイトでは1つ成約すれば5000円~2万円前後が2年未満の初心者のレベルでも得ることができます。

しかし、アドセンスはなかなかロースターターであり、そう簡単に収益が出ることはまれです。

2年目辺りから徐々に収益らしきものが出てくるまで長い道のりなのです。

その理由は、一つずつ投稿した記事が活動を開始するまで、つまりGoogleにインデックスされてからPV数がアップするまで時間がかかるためです。

アップした記事は初心者の場合、半年目位から徐々にPV数が増加して、20位以内に入りさらに10位以内に入るにはリライトをして頑張るのです。

へたくそな記事でも300~400本たまると、いよいよ自然に収益がでてきて、その動きはかなかな止まらなくなりロングテールな収益を生んでいきます。

アドセンスの収益がゼロの日々が続く

アドセスをスタートしたばかりでは、ゼロ円の日が続きます

たまに「1円」が出ると、その喜びは100万円稼いだかのような喜びなのです。

初めて自分で稼いだ「1円」の感動は一生わすれないことになります。

アドセスを初めてなかなか結果が出ない時は、この時の「1円」を思い出して頑張るのです。

さすが「ゼロ円」が続くと心も折れかかり、もうやめようかと思う時があります。

アドセンスは「もうやめようかの壁」を乗り越えてこそ、収益が待っているので

諦めずに記事をしっかりと投稿することを続けることが大事です。

やっと1円になるがクリックされていない?

「1円」が表示されて大喜びになりますが、よくデータを確認するとクリック数は「ゼロ」です。

クリックされないのになぜ「1円」が・・・

これはブログに広告がある程度表示されると「1円」になり、収益見込みに計算されます。

この累計が1日で10円以上になることもあります。

ちりも積もれば山となる

アドセンスで10円台が出る!

それから数カ月も我慢の時を過ごし、やっと一桁アップして「10円台」へと突入します。

するとやる気が出てきます。

日に何万円稼ぐブロガーからみると「10円台」は誤差程ではないでしょうか?

しかし、この10円台は一桁アップしたのですから貴重な経験となります。

なぜ10円が出たのかを追跡していくと、

そこには記事のライティングが変わってきたことがわかります。

すでに100記事近くまでは書いた状態ではないでしょうか。

記事を書くスタイルが出来てきたからだと思います。

もちろんSEOで上げる方法もだんだん身についてくるころです。

日々3桁が続く日が来る

そして1年が過ぎるころ、ようやく3桁台が連続する日々が来ます。

毎日、アドセンスの収益がどれ位あるのか毎朝チェックするのが楽しみになります。

しかし、急激なPV数の減少に見舞われることがあり、一気に収益も減少するときを経験します。

それは「Googleコアアップデート」という検索順位に影響するアルゴリズムの更新です。

いままで10位にあった記事は一気に圏外という厳しい洗礼を受けることも体験するでしょう。

それまで月に5000円まで増加した収益が2000円台まで下落することもしばしば経験することです。

アドセンスの収益が増減を繰り返す

そんな経験を繰り返しながら、Googleサーチコンソールを年単位で眺めてみると、意外にも成長していることが見えてきます。

日々、一喜一憂していた増減は実は誤差の様な小さな増減だったことを学ぶ時がきます。

そうして数年た経つとブログは安定してアドセンスの収益を上げる日が来ます。

そうなると、放置してもある程度は安定した収益を生むのです。

ひとつの財産になる時です。

まとめ

アドセンスで稼ぐときには日々の収益の増減に一喜一憂しても、なんの利益にもならないことを紹介しました。

気長にブログを成長させる「マラソン」のようなものです。

タイトルとURLをコピーしました