「保護されていない通信」が表示された時の対処方法

エックスサーバー
この記事は約3分で読めます。

新規ドメインを取得してエックスサーバーとWordPressでブログを開設しました。

その後、確認のためブラウザーchromeからサイト名で検索してチェックすると、検索結果にサイト名が表示されるのですが、そこには下の画像の様に「保護されていない通信」と表示されることがあります。

そのアイコンをクリックすると、次の警告が表示されます。

このままでは大変なことになりそうで不安になります。

原因について

新規ドメインを取得しエックスサーバーに設定した段階では、すでに「独自SSL化」設定しました。

つまりこの段階では、https://www.〇〇〇・・・、https://○○〇・・・の両方がSSLで保護されていることになっています。

しかし、 http://とsが付いていないURL は独自SSL化では対象になっていないのが原因です。

その結果、URLの先頭が、http://が付いていないURLが使われると、「保護されていない通信」になってしまうのです。

対処方法

http://が使われても、https://に転送すれば「SSL」で通信が保護されるので、転送する処理をします。

エックスサーバーのマニュアルの「Webサイトの常時SSL化」を開いて、それに基づいて処理します。

「.htaccess」というファイルに指示を書き込む処理をします。

事前準備として、マニュアル「Webサイトの常時SSL化」から赤枠の部分をコピーしてください。

マニュアル

このコピーは後ほど使います。

手順のポイントはコピーを「.htaccess」ファイルに追記するだけです。

では具体的に手順を書きます。

エックスサーサーバーのサーバーパネルにログイン

次に、「.htaccess編集」をクリックします。

対象のドメインを選択しクリックします。

「.htaccess編集」をクリックします。

下の様に表示されますので「,htaccess編集」をクリックします。

コピーを張り付けたら、「確認画面へ進む」をクリックして確認します。

下の様にコピーが張り付けられていればOKです。

「実行する」をクリックします。

実行するをクリックすると終了画面が出ます。

これで処理は終了しました。

変更処理の確認

ここまでの処理で、http://入力しても暗号処理されるはずです。

chromeの検索窓に「http://○○・・・」で入力してみます。

結果が表示されました。

そこには「🔓」マークになり無事に暗号化されました。

クリックすると、下の様に保護されたことが表示されています。

これで無事に暗号化されました。

nao(NAOテック)

タイトルとURLをコピーしました