ネットで【在宅ワーク】新シニア世代とは?

もはやインターネット無しでは成り立たない社会になりました。今30~40代のバリバリの現役世代のみなさんも残り20年もすれば、自分で自分の生活を維持することが求められてきます。あっと言う間に到達します。準備をおすすめします。

何才まで今の会社で働きたいの?

定年に達した労働者を引き続き雇用する「改正高齢者雇用安定法」が平成25年4月1日から施行されました。

この法律により高年齢者の65歳までの安定した雇用を確保するために、会社は次の選択肢から選びます。

(1)65歳までの定年の引上げ
(2)65歳までの継続雇用制度の導入
(3)定年の廃止

現実的には、(2)が最も多く採用しされています。継続雇用となるのです。


「継続雇用制度」とは、雇用している高年齢者を、本人が希望すれば定年後も引き続いて雇用する、「再雇用制度」などの制度をいいます。

この制度の対象者は、以前は労使協定で定めた基準によって限定することが認められていましたが、高年齢者雇用安定法の改正により、平成25年度以降、希望者全員を対象とすることが必要となっています。

厚生労働省より引用

自分が希望すれば65才まで会社が定めている「再雇用制度」に基づいて、会社の残ることができるのです。

でも、本当に会社に残りたいですか?

再雇用制度の現実は・・・

この「再雇用制度」の60才~65才が精神的に耐えられるかどうかです。現実の多くの場合、それまでの役職がリセットされてアルバイト同様の仕事が与えられます。

60才を過ぎても20代と同じ仕事が待ってます。

体力もないし目も老眼で細かい字が見えなくなっているところに、与えられる仕事は20代の若手社員のお手伝い的なものですからきついのです。

割り切ればいいのですが、高齢者なので新しい仕事を教えてくれる若手社員からは「なんど言ったら分かるの?」とか「ミスがおおいわね~」とか、お荷物なのです。

部長からアルバイトへ・・・

現役時代は部長や課長でしたが、再雇用になると「アルバイト」と同じですから、打って変わって平身低頭、昔の部下から教えを頂いて、ひたすら耐える日々が続くのです。

給料は良くて現役時代の半分

その上給与は現役時代の良くて60%程度になります。ボーナスは無しです。ここで、精神的にも継続が難しくなってくるのです。

入力作業一つとっても、老人を1人雇うより若い人を雇う方が効率は良いのですから、会社にとってはお荷物になってきます。

タイムカードを30年ぶりで打つ!

再雇用になると、タイムカードが30年ぶりに復活します。残業は以前の部下に許可を得るのですから、「どうなってんの?」と思えるのです。

逆に相当な貢献をした社員は、「部長」「参与」等の現役時代の役職を継続するので、それまでの仕事とほぼ同じようにいられるのです。

仕事内容が楽です。だから、天下りが人気なのですね・・・

これが、「再雇用制度」の現実です。

公的年金は65才から

では、「再雇用制度」では精神的的につらいので止めて、アルバイトでもするか・・・

実際にアルバイト等を探すと「道路誘導」「建設現場」「介護」等が多く、肉体的にも厳しい仕事です。友人は介護を選んだのですが、夜勤も多く体がガタガタです。

よって、「無職」「ひきこもり」になってしまう方が多いのも現実です。

60才から65才までは公的年金が段階的に支給開始が遅くなり、ついには65才からとなります。

公的年金は男性は1961年(昭和36年)4月2日生まれ、女性は1966年(昭和41年)4月2日生まれの方から、全員65才まで公的年金は出ないのです。

在宅ワークを選んだ場合

この間の生活をどうするかが大きな問題です。65才まで一部でも年金が支給されれば少しは何とかなりますが、全く支給されないとなると一大事。

自分で収入を得るしかないのです。65才までは退職金を崩しながらなんとか生活するのですが、その間3万円でも5万円でも収入があれば大変助かります。

ネット共存型の新シニア世代の生き方

現在58才より若い方は、年金が65才からなので無職を選ぶと無収入となります。

この年代のかたはネットに慣れ親しんでいる世代ですから、パソコン、ネット、ブログやSNS、メールなどはたしなんでいるはずですね。

自転車置き場でアルバイト、駐車場の誘導なども大切なシニアだからこそできる仕事ですが、これからの新シニア世代は、ネットとPCを持っています。

よって、ネットからちょっとばかりの収入を得る道を作れないかと模索しておりました。

そこで出会ったのがGoogleアドセンス、Amazonアソシエイト、アフィリエイトのASP、アンケートモニターなどのネット収益分野です。

在宅ワークのスタートです。

Googleアドセンス

これはブログを申請して広告を出す許可をえてから始めることが出来ます。投資額は、サーバー代、ドメイン代、PC位でしょうか。

あとは勉強して開始できます。自分も64才になりますが、やっと灯りが見えてきました。3年計画で進めております。初心者には、このGoogleアドセンスが始めやすく実績も上がり、やりがいがある仕事です。

実績がでるまでは、大変な苦労がありますが、壁を超えると実にやってみて良かったと思えます。

Googleアドセンス審査に合格し2019年6月現在、開始4カ月目です。

リタイアして1年になりました。生活では持ち出しが多いです。

しかし、現実に収益が出始めるとモチベーションがあがり、スキルも追随してくるので、とても良い意味での「ひきこもり」となります(笑)

まとめ

現実は65才まで同じ会社組織で働くとなると相当な覚悟が要ります。

でも「在宅ワーク」を選び、現役時代のノウハウを活かし「おひとり様で仕事場」作り、無理せず自由にゆっくり自分のペースで生活を実現するのも一つの生き方ですね。

ネットを活用した新しい生活収入スタイルを考えてみてはいかがでしょうか。

来年の今頃は、どんな収入になっているのか楽しみです。

nao(NAOテック)