IT業界の転職で有利な「プログラム言語」の選び方

プログラムは未経験だけどIT業界で働いてみたい。そこで最初に迷うのがプログラム言語はなにいいかということです。

求人企業で使われている主流のプログラミング言語を説明します。

転職に有利なプログラム言語「Java」

インターネットが外せないIT業界です。当然ネットワーク+ソフト開発に使うプログラム言語「Java」が主流なのです。

Javaは求人企業で利用が多い為、転職に有利に働きます。

始めるなら「Java」がおすすめです。

他には「C言語」もあります。

Javaとはどんな言語なのでしょうか?

Javaは、お茶の「ジャワティー」に似てますよね。一節では開発チームが通っていたコーヒーショップのメニューから命名したとも言われています。

1995年にサンマイクロ・システムズが開発して、2010年にオラクルに吸収合併されたので、オラクルが引き継いでいます。

Java認定資格は、オラクル社の「Oracle Certified Java Programmer」 です。

Javaのどこが転職に有利なのか?

難しいのですが「オブジェクト指向」という考えのプログラム言語です。

特徴はどんなマシンの上でも動くのです。

WindowsだろうがiOSだろうがスマホだろうがプラットホームを選ばないのです。

最近では、家電などのモノとネットをつなぐ「IoT」が進んでいて、医療分野、家電分野、自動車分野など幅広く開発されています。

これらの開発でJavaとIoTは相性が良いのです。

そのためJavaを学ぶことは、インターネット・ソフト開発会社の転職先に有利となる理由なのです。

どの様に学んだらいいでしょうか?

おすすめは、スクールや講座で学ぶことです。

プログラム教育の現場に30年間いましたのでよく見てきました。

「習うより慣れろ」でプログラムを数多く作る事が上達への道です。

とはいえ、習う場が重要です。

自分で独学で学んでいると、自分ではミスに気が付かない事が多くなり時間もかかります。

プログラムを教えるスクールがおすすめです。

スクールに通うと基本が理解できて、分からない事やつまずいたところを講師や仲間が教えてくれるので上達が早いのです。

自分の条件に合ったスクールを選びましょう。

自己流の癖もつかなくなり、Javaが最短期間でマスターできるのです。

おわりに

インターネット時代ではソフト開発の多くが「Java」でプログラム開発をする企業が大半を占めています。

初心者が始めるには最初から「Java」を学んだ方がこれから先には有利ですね。

Javaを学んで、新しい世界を切り開いて下さい!

Javaの概要を知るには、こちらの本が参考になります。

nao(NAOテック)