【Google2021年6月3日】コアアップデート後の影響

この記事は約3分で読めます。

Googleは米国2021年6月2日(日本の6月3日)にコアアルゴリズムアップデートを開始することを発表しました。

調べてみると今回のアップデートは「The June 2021 Core Update」です。

開始の日本時間6月3日未明から始まっており、1~2週間程度かけてアップデートがすすむ「ロールアウト」していくので、2021年6月13日の本日は10日が経過しているので、その影響をみてみました。

前回は2020年12月4日に行ったので、半年ぶりでしょうか。

また、アップデートは7月にも予定されているとしています。

今回、変動があっても7月にはもとに戻る可能性を否定していません。

6月のアップデートは、完全ではなく残りは7月に行うようです。

スポンサーリンク

ブログへの影響について

事実としては、ぼくの運用している4つのジャンルの違うブログへの影響しかわからないので、具体的に調べてみました。

大きく3分類で紹介します。

確かに6月3日を起点に、順位の変動がありました。

アウトドア系のブログ

GRC アウトドア系

上のデータは、アウトドア系のブログで、あるグッズの記事を紹介した内容です。この記事で順位がさがるとは思いませんでした。

7月のサイドのアップデートでどこまで戻るのか、あるいはさらに下落するのかを観察していきたいと思います。

アフィリエイト系のブログ

物販系のアフィリエイトのブログです。

GRC アフィリエイトのブログ

この系統は、ほぼ変化がみとめられません。あえて言えば、順位が1位アップしたことでしょうか。

1位アップしたことで、アフリエイトのクリック率がアップしています。1位の変動は結構ばかにできません。

今後の変動があるかも知れませんので、7月のアップデートまで観察していきます。

IT技術系ブログ

GRC IT系ブログ

技術系ブログで、6月4日から微増減を繰り返しています。

この変動は、いったい何を意味しているのでしょうか?

実際にGoogle検索状況を確認すると、Google検索では2位をキープしており、この様な変動はみられません。

まとめ

今回の「The June 2021 Core Update」では、まだ7月に再度、残っている部分を実施するようなので、今のところ結果ではなく途中経過ではないかと考えます。

過去のコアアップデートからの教訓

過去には、どん底に下落した記事もあったのでショックでしたが、現在はどうしたことか1年半ぶりに上位へと戻っています。

そんなこともあるので、今回で大きな変動があっても一喜一憂せずに、質の良い記事を投稿したり、リライトしてさらに記事の内容を高めることに集中することですね。

記事が低レベルだからコアアップデートで下落した、というものでもないようです。

しっかりとした記事でも、世の中の変化で順位の変動は起こりえると言っています。

UX指標が検索順位に及ぼす影響

また、開始時期の遅れている「Core Web Vitals」でUX指標をランキングの指標に採用する件は、まだ公表されたことを確認できていません。

ただし、UX指標が検索順位に及ぼす影響は少ないとしていますが、今後の状況はわかりません。

WebサイトのUX指標を今のうちにできる部分を改善しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました