Google【カバレッジの問題が新たに検出・・】の解決方法

Googleからメールで「 「カバレッジ」の問題が新たに 検出されました」とメールが来ました。その対処方法を解説します。

「カバレッジの問題の検出」メール内容とは

新規にサイトを立上げて間もない時に遭遇することが多い問題です。
突然こんなメールが来ると不安になってしまいます。処理は簡単なので説明します。

メールは以下の内容ですね。今回はこの内容を解決します。違えば別の処理になります。

2019年6月にGoogleから送付されたメールです。

よく見ると「主なエラー」の下に、次の様に書いてありますね。

・送信されたURLにnoindexタグが追加されています。

これが原因です。修正の手順は以下の通りです。

メールの下の青い枠「 カバレッジ件の問題を解決する」をクリックすます。

メールの青い枠の「カバレッジ件の問題を解決する」をクリックして、サーチコンソールに移ります。

問題の箇所の確認

次に問題の箇所の確認をします。赤でエラー件数の表示があります。

この画面の下に「詳細」があり、エラーの型に「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」とあります。

「エラー」の赤い表示をクリックします。


エラー件数が赤い窓に表示されます。

問題は、サイトマップ(/sitemap.htm)です。

すると、問題のURLが表示されます。
URLを見ると、サイトマップ(/sitemap.html)が問題となっています。

HTML形式のサイトマップが原因だったので、その処理方法について紹介します。

問題点「html形式のサイトマップが問題」

html形式のサイトマップが問題となっているので、htmlのサイトマップを外します。

プラグインが「XML-Sitemaps」の場合。

サイトマップを作るプラグインは「XML-Sitemaps」を入れているので、それを例に説明します。

WordPress側の設定

WordPressのダッシュボード画面の「設定」→下方の「XML-Sitemap」に進みます。
「XML-Sitemap 」をクリックします。



HTML形式のチェックを外す

すると下の画面になります。

画面の下方に「HTML形式でのサイトマップを含める」の項目があり、チェックが入っています。

この「HTML形式でのサイトマップを含める」欄のチェックを下の様に外します。



「設定を更新」をクリック

チェックを外したら、「設定を更新」をクリックします。



ここまでで、WordPress側の設定は終わります。

サーチコンソールから修正を検証

次にGoogleSearchConsoleで修正の確認を行います。

サーチコンソールからカバレッジのタグをクリックして問題のページに行きます。

「修正を検証」

ページの下に「修正を検証」のボタンがありますのでクリックします。

完了

「検証:開始 開始日201×/××/・・・」となれば完了します。これで検証をGoogleが開始します。

ここからが少し時間がかかりますが、待ちましょう。

13日目に検証合格のメール

この後、13日目に以下のメールが来ました。

2019年6月のキャプチャー

Googleサーチコンソールで確認します。

メールの青いボタン「問題の詳細を確認する」をクリックすると、以下の通り「検証:合格・・・」と確認できます。


カバレッジの所で確認すると、エラーが「0」となっています。

検証が合格するまで、日数がかかりますが心配は要りません。気長に待ちましょう。

まとめ

この問題は、サイトを新しく開設したときに発生します。原因は、XML-sitemapの設定が原因です。

基本は「HTML形式でのサイトマップを含める 」のタグを外して保存すると解消します。そしてGoogleサーチコンソールに修正を検証してもらい10日後嫌いには処理結果のメールがきます。

nao(NAOテック)