「新しいサイトマップの追加」をしても「取得できません」?簡単な対処方法

この記事は約5分で読めます。

「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」とGoogleサーチコンソールに表示されることがあります。

WordPressで作ったブログの「新しいサイトマップの追加」をしても、ステータスは「取得できません」と表示されます。

この対処方法について紹介します。

スポンサーリンク

「サイトマップに送信していません」とは?

ブログの記事を作成して投稿します。そして、Googleにちゃんと登録(インデックス)されているかどうかをチェックすると???

「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」とGoogleサーチコンソールに表示されています。

これは、投稿した記事はちゃんとGoogleにインデックスされているのですが、サイトマップには送信されていないということです。

XMLサイトマップを確認してみる

では、「サイトマップに送信」とはどういうことなのでしょうか?

簡単に説明するとGoogleにインデックスしてもらう時にGoogleのクローラーに「早く、投稿した記事を見つけて、登録してください!」と知らせるためのファイルが一般的に「sitemap.xml」というものです。Googleのクローラー向けに作ったファイルです。

つまり、記事が新しく投稿されたり、リライトによるインデックスをリクエストすると、XMLプラグインがサイトマップにその情報を渡すことになります。

その場合、すでにGoogleにはインデックスされているけど、XMLサイトマップにはその情報がまだ送信されていませんよ!というアナウンスのことです。

XMLサイトマップが無くても、Googleにはインデックスされているということになります。

そこで、XMLサイトマップがどうなっているのか調べてみます。

XMLサイトマップのプラグインをチェック

XMLサイトマップ用のプラグインには、様々な種類があります。

一般的につかわれているのが「XML Sitemaps」と言うプラグインではないでしょうか。以前の「Google XML Sitemaps」から名前が変わっています。

この 「XML Sitemaps」 プラグインで説明します。

プラグインの設定画面を見てみましょう。

サイトマップは「sitemap.xml」で、Google、Bingに正しく通知されていると表示されています。

そこで、このリンクをクリックすると、サイトマップに情報がしっかりと記載されています。

どうも、所定の場所にXMLサイトマップは格納されてるようです。

再度、XMLサイトマップを登録してみる

そこで念のため、再度サイトマップのファイル「sitemap.xml」をGoogleサーチコンソールから登録してみます。

ある記事では、プラグイン「HTMLサイトマップ」のチェックをはずすとうまくいく場合があるというコメントもみつけましたが、この処理はほぼみんなやっていることだと思います。

再度念には念を入れて、プラグイン「XML Sitemaps」の設定から「HTMLサイトマップ」のチェックが外れていることを確認します。

また、「sitemap.xml.gz」の圧縮ファイルを送らないようにテストすることもしてみました。以下のチェックをはずしてサイトマップを登録してみる方法です。

結果は同じだと思うのですが、ダメ元で再度のチャレンジです。

すると、次のようなコメントが表示されます。

この表示の場合は、XMLサイトマップが登録されなかった場合に起こるようです。

そして、結果を見てみると次のようにコメントが表示されます。

XMLサイトマップの「型」が不明で、「ステータス」は取得できませんでした。となっています。

推測するに、XMLサイトマップの記述の型が不明で読み取れないということでしょうか?

やはり、XMLサイトマップが取得できないようです。

何度試してもだめでした。

この他に、「/feed」「sitemap.xml.gz」というファイルの登録もテストしてみましたが、やっぱりだめです。

なかには、このファイル送信で解消した方もいます。

この原因は、様々あるようで突き止めるのはかなり難しいようです。

この表示が出るサイトには、ある特徴があります。

一つは、まだ記事数が少ないサイトの場合です。ぼくのテスト用サイトは30記事程度なので該当します。とはいっても、他のブログでは数本の記事でも成功しているのでなんとも言えません。

もう一つの原因は、ぼくが使っているテストサイトでエックスサーバー(登録時に無料でつかえる)のサブドメインのURLです。https://****.xsrv.jp で作ったサイトで発生します。

それ以外で発生したケースは皆無なので、エックスサーバーのサービスでもらえるサブドメインになにか原因があるのではないかと疑っております・・・。(すみません!根拠はありません)

なので、このサイトはXMLサイトマップの設定を捨てることにしました。

XMLサイトマップが登録できない時の対象方法

様々な対処方法を試しても、XMLサイトマップの実態はあるものの、送信できないのです。

なので、Googleのクローラー向けのサイトマップはあきらめました

簡易的なXMLサイトマップ機能はWordPressにもついているのですが、使えるかどうか・・・

そこで、記事を投稿したらGoogleサーチコンソールの「URL検査」からインデックスのリクエストをその都度送ることにしました。

サイトが極度に大きくない場合は、XMLサイトマップが無くてもクローラーが巡回して、インデックスしてくれるので問題はありません。

なにかひとつでもURLがGoogleにインデックスされていれば、そこからクローラーが入ってきてインデックスしてくれます。

ぼくの場合、記事を作成して投稿し、Googleサーチコンソールからインデックスのリクエストをして、約2~3日でクローラーがやってきます。

サイトマップは「該当なし」の状態ではありますが、Googleのスマートフィン用Googlbotがちゃんとクロールしてページの取得が「成功」となっています。

Google検索してみると、しっかりと上位に表示されているのが確認できました。

まとめ

ここまで「新しいサイトマップの追加」をしても「取得できません」?簡単な対処方法を紹介しました。

特にXMLサイトマップが無くてもGoogleにインデックスされるので問題はないのです。

とはいっても、どこか引っかかるものを残しているので、なんとかしようと試行錯誤している状況です。

タイトルとURLをコピーしました