クロール済み – インデックス未登録の原因と対処方法

PV数が数カ月経過しても一向に増加しない。もしかして記事が「インデックスに登録されていない」場合があります。対処方法を解説します。

PV数が増えない場合、インデックの登録をチェックしてみましょう。

ブログのPV数は、毎日チェックしていると思います。もし、PV数が増えない時は、Googleのインデックスに登録されていない場合があります。

登録されていないということは、ユーザーの検索に表示されないのでクリックされず、結果としてPV数が増えないのです。

インデックスのチェック方法

Googleサーチコンソールを開きます。

すると左サイドメニューに「カバレッジ」がありますので、クリックします。

すると、次の様に表示されるので、赤枠で囲った「除外」をクリックします。

すると、除外されたグラフとその下に一覧表が表示されます。

その中に「クロール済み‐インデックス未登録」がありますので、クリックします。

クリックすると、インデックス未登録のURL一覧が表示されます。

不要なものも一緒に表示されますので、無くては困るURLを選んでクリックします。

事例では、赤枠で囲ったURLとします。

すると、クリックしたURL(①)の左の窓②に、「URLを検査」というボタンがありますので、クリックします。

「URL検査」をクリックすると、Googleはインデックスを調べに行って、登録されいるかどうかの結果を表示してくれます。

長い時で1分位時間がかかります。

インデックスに未登録の場合、次の画面が表示されます。

当然、Googleのインデックスに未登録のなので、画像の様に『URLがGoogleに登録されていません』と表示されます。

インデックスしてもらうための対処方法

「URLがGoogleに登録されていません」という表示の右下に「インデックス登録をリクエスト」のボタンがありますので、それをクリックします。

問題が無ければ、次の画像が表示されてインデックスのリクエストが完了します。

早ければ、すぐに登録されることがあります。1日~2日は様子を見て確認しましょう。これで完了です。

同様に、一つずつ未登録のURLを同じように登録していきます。

但し、1日に登録できる回数には限りがあります。翌日にはされ回数がリセットされますので、安心して下さい。

未登録の記事が分かっている場合の処理

インデックスしたい記事、あるいはまだインデックス未登録のURLが分かっている場合は、Googleサーチコンソールの左サイドメニューの「URL検査」をクリックします。

すると、下の表示になります。

赤で囲んだ窓に、インデックスされているかどうかを確認したい記事のURLをペーストします。それから🔍をクリックします。

未登録の場合は、前例と同様に次の画面が表示されます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2019-11-11_17h29_09-1024x469.jpg です

「URLがGoogleに登録されていません」という表示の右下に「インデックス登録をリクエスト」のボタンがありますので、それをクリックします。

問題が無ければ次の画像が表示されて、インデックスのリクエストが完了します。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2019-11-13_14h41_23.jpg です

登録時間を争うトレンド記事の様に、素早くインデックスに登録したい時には便利です。

クロール済みなのにインデックスされなかった原因

GoogleのクローラーというロボットはWeb上にある億単位の記事(URL)をクロール(見回る)していて、もし未登録の記事を見つけるとデータベースに登録処理(インデックス)を自動的に処理していきます。

しかし、インデックスされない事があります。

Googleによると、ロボットは全てのURLをクロールしているわけではないのです。

コンテンツの重複や、1つの記事のURLが「https://www.〇■▶.com」と「https://〇■▶.com」の両方ある時には、一つだけインデックスされます。そのためクロールされたのに内容が同じだからインデックスされなかったということです。

その他様々な要因でインデックスされないことがあるようです。Googleのヘルプをご参照ください。

まとめ

PV数が増加しない時には、GoogleのインデックスにURLが登録しているかどうかを確認する方法を解説しました。

インデックスに未登録では、オーガニックな検索からの流入は無くなりPV数も増加がみられないのです。

おかしいと思ったら、まずチェックしてみる事をおすすめします。

nao(NAOテック)