クリック率、コンバージョン率を高めるボタンの特徴

ブログの始め方
この記事は約3分で読めます。

ブログサイトでクリックしてもらうためにボタンを配置します。ボタンはアフィリエイトで最終的にクリックしてもらうために使います。例えば「申し込み」「購入」「資料請求」「問い合わせ」などのアクションをしてもらうためです。

ボタンの色や配置、大きさなどボタンをクリックしてもらうためには様々な要素があり、それによってクリック率コンバージョン率に大きな影響を与えます。クリック用のボタンはどの様なデザインがいいのかを紹介します。

スポンサーリンク

ボタンはクリック率やコンバージョン率をアップする

アフィリエイトをする場合、最後に「申し込み」「購入」「資料請求」「問い合わせ」等をクリックしてもら最終的な収益へと繋いでいく大事な部分です。

ここまで一生懸命書いてきた記事も最後に成果を出す部分のクリックがされなけらば結びつきません。そのことが収益に大きく影響します。

そこで効果があると言われているのが「ボタン」形式のリンクです。

この様なボタンはクリック率を高めることができます。

ボタンとテキストリンクの効果

クリックしてもらうには「ボタン」「テキストリンク」があります。

この様な2つのタイプがあって、それぞれ効果が上がる配置があります。

ボタンタイプは、記事の最後のほうで最終的にクリックしてもらう時に効果が出ます。

また、テキストタイプは、記事の真中あたりで文章に入れ込んだり、そばに配置して使うとクリック率が高くなります。

この2つを逆の使うと効果が半減することがありますのでテストしてみて下さい。

ボタンの効果的デザインと配置

ボタンのデザインは様々です。デザインはユーザーが見やすく確認でき安いことが大切です。目立ちすぎると広告色が強くなり敬遠されますし、目立たないとクリックされません。

その調整をして効果を上げるための様々なテストをして一番効果的は方法を見つけ出します。ブログのジャンルにもよりますので、これだという固定したものはありません。

大事なことはボタンの配置方法です。効果的な方法で外せないのは「まわりに余白を残す」ことです。これはどの様なことかと言えば、ボタンを独立した配置にして、ボタンの周りに空きスペースを作ることで違和感なく目立たせることです。

ボタンのカラーでクリック率がアップ?

実際に色を変えてクリックされるかどうかをテストしてみましたが、PV数が少ないので参考にはなりません。

とはいえ個人的な感想ですが、評判が良かったと感じた色があります。最初は目立つように赤をつかったのですがクリックされません。警戒しているのでしょうか?あまり派手なのでライトブルーにしてみたら意外とクリックされたようです。

さらにライトグリーンまたはグリーンにしたらあまり変わりませんが多少はアップ気味です。なかでもオレンジは結構効果を見込んだのですが、以外にも最下位になりました。

ボタンに意味を持たせるとクリック率がアップ!

もう一つは「ボタンに意味をもたせる」ことです。

例えば「連絡先」と言うボタンより「お急ぎの連絡先」などとすると、クリックするとどうなるのかが分かることが大切です。

ユーザー目線でボタンを作るとクリック率は格段にアップします。

おわりに

クリック率コンバージョン率をアップするクリック用のボタンはどの様なデザインがいいのか、どの様に配置すると効果があるのかを紹介しました。ちょっと工夫しただけで結果に差がでます。

タイトルとURLをコピーしました