アドセンス「要注意 – 収益に重大な影響・・」ads.txtのエックスサーバ対処方法

アドセンス・ASP
この記事は約4分で読めます。

Googleアドセンスの審査に通りブログに広告を設定をすると、

しばらくしてアドセンスの管理画面に

「要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう・・・」

警告が出て驚いてしまします。

この処理はエックスサーバーを使っていれば
簡単に対処できます。

エックスサーバーのホームページでも
方法を解説していますが、
初心者の方を対象に
詳細の手順をあらためて紹介いたします。

スポンサーリンク

Googleアドセンスの警告「ads.txt」ファイル

ads.txtをアズテキストと呼びます。

サイト運営者が認定した販売者のみデジタル広告枠を販売する仕組みです。
Google AdSenseを利用する場合にads.txtを設置していないと警告が届くのです。

こんな警告が表示されます。
スポンサーリンク

具体的にどんなことか説明します。

なにを言いたいのか出来るだけ簡単に説明します。
内容の詳細が現実とは違いますが、
仕組みだけの説明とご了承ください。

広告主は、サイトに設定された広告枠に
広告が表示された回数に応じて
広告費を業者に支払います。

悪意で儲けようとする悪者がいて、
ニセのトラフィックを流すサイトを開設します。

そこに広告枠を作って
中間業者に販売を依頼します。

中間業者はニセの広告枠を
取りまとめて広告主に販売するのです。

ニセのトラフィックで広告枠に
広告が表示されると広告費が発生します。

広告主はだれのサイトに広告枠があるのか
知ることができないので、
業者を信じて広告費を支払うのです。

その業者がもっている
広告枠はニセモノですから、
広告主はニセモノに広告費を支払うことになります。

その被害は相当な金額となっているのです。

そこで、

広告主さん!
あなたが広告を出しているサイトは
ニセモノではなく本物で
「アドセンスのID番号が〇〇〇のサイトで認証されています」
本物であることが分かる様にしたのです。

つまりあなたのサイトに
「ads.txt」というファイルを置くことで、
広告主に偽物でないことが
分かるようにしたのです。

なので「ads.txt」ファイルの中身には、
以下の情報が書かれているのです

・広告システム:google.com
・サイト運営者ID :pub-0123456……..(16桁の数字)
・契約種別 :DIRECT
・認証機関ID:f08c47fec0942fa0

簡単にエックスサーバーに設定する方法

はじめにGoogleアドセンスの管理画面から
自分のサイト運営者IDをコピーしておいてください。

エックスサーバーのサーバーパネルにログイン

エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインします。

そこから「ads.txt設定」をクリックします。

ドメインを選択

ドメイン選択画面から今回設定するドメインを選びます。

ads.txtの設定

「ads.txt設定追加」をクリックします。

設定対象ドメインが選択されていると思います。

各項目の入力

①にはgoogle.com

②には、アドセンスのサイト運営者ID

③には。アドセンスが指定しているコードを張り付けます。
このコードはエックスサーバーのマニュアルにもあります。

入力が終ったら「確認画面へ進む」をクリックします。

入力内容を確認して完了

入力した内容を確認してOKならば、「追加する」をクリックします。

最後に、以下の完了の表示がされます。これで設定は完了しました。

設定の確認方法

ads.txtファイルが設定されたかを確認します。

下の画像の様に
ブラウザーからブログのURLに「/ads.txt」を追加してクリックします。

すると、先ほど作成したads,txtフィルの内容が表示されます。

これで問題なく設定されたことが確認されました。

警告メッセージの表示

以上の処理が完了してから、
2~3日位でアドセンス管理画面に表示されていた
警告メッセージは消えているはずです。

FTPを使って処理する方はこちらです。

なお(NAOテック)

タイトルとURLをコピーしました