Google AdSenseの審査で大切な3つのポイントとは?

この記事は約3分で読めます。

Google AdSenseの申請をするためにブログを開設する時に大切なことがあります。

どのような事をGoogle AdSenseでは評価するのかを推測してみました。

詳細な規定が公表されていないので、AdSenseポリシーを参考にポイントを紹介します。

スポンサーリンク

AdSense審査のポイント

Google AdSenseの審査を通るためには、様々なポイントがありその中身は見えません。

たとえ審査に通らなかった時でも、なぜ通らなかったのかは公表されません。

ぼくは4つのブログが審査に通過した経験をもっています。初回は評価のポイントをよく知らなかったので不合格で再度のリクエストで合格しました。

2,3,4つ目のブログは一回で通過しました。中には即日通過したブログもあります。

その経験から以下の3つのポイントはしっかり守ることが大切なので紹介したいと思います。

・ユーザーにとって有益な内容か?
・独自性の内容ある内容か?

・ポリシー違反がないか?

ユーザーにとって有益な内容か?

Googleアドセンス審査では、「ユーザーにとって有益な内容であるか?」が大変重要なポイントだと言われています。

有益な内容とは、例えばあるユーザーが「アスレチックのある公園を知りたい」が知りたくて検索したら、その要求にピッタリ合う「アスレチックが可能な公園の紹介」のような記事がヒットすれば有益な評価になります。そのような内容が積み重なったブログが一例として挙げられます。

Googleが最も大切にしている方針で、全てはユーザーファーストと言えるかもしれません。

独自性の内容ある内容か?

AdSenseに通って収益目当てにブログを作ろうとすると、どうしても収益を上げているブログに似たような内容に近づくものです。

しかし、重要なのは独自性のある内容を持ったサイトです。ここではブログにします。

出来ることなら「一つしかない特徴をもったブログ」です。

例えば、「ぬか漬け」に関することなら、「あ!あのブログだ!」と言われる位に他にはない視点をもった内容で作ることが大切です。

ポリシー違反がないか?

最後はポリシー違反はないかどうかです。

万が一ポリシー違反が指摘されると、それまで努力してきたAdSenseのアカウントが停止や無くなる子リスクがあります。

ユーザーの有益な内容からずれて収益を追いかけると陥る落とし穴だと感じています。

なにがポリシー違反なのかは、GoogleAdSenseのサイトで公表していますので参考にしてください。



おわりに

Google AdSenseの審査に合格するといよいよ新しい世界が待っています。

あくまでもユーザーにとって有益な内容で独自性のあるブログであることが大切です。

そのことがしっかり遵守されていれば、審査は通過すると確信しています。

nao(NAOテック)

タイトルとURLをコピーしました