「502 Bad Gateway」が突然表示された?メッセージの意味と対処方法

ブログを編集するためWordPressを開いた時に「502 Bad Gateway」が突然表示されることがあります。

「502 Bad Gateway」とはなんでしょうか?

ウイルスやサーバー攻撃などの悪意のあるアタックが原因なのでしょうか?

今回は「502 Bad Gateway」の意味、原因、対処方法をかんたんに紹介します。

スポンサーリンク

「502 Bad Gateway」の表示はどんな意味?

「502 Bad Gateway」の意味は、サーバー側のエラーでコンテンツが一時的に使えないというエラーメッセージのことです。

500番台のエラーコード

500番台のエラーコードが返ってくる時はサーバー側に問題がある場合におこります。

「502 Bad Gateway」の表示を初めて見た時には、ウィルスか外部からのサーバー攻撃か、などと不安になりますが、ユーザー側に問題がないことが一般的です。

ちなみに「ゲートウェイ」とはネットワークを中継するサーバーやルーターなどのことです。

「502 Bad Gateway」が発生する原因

「502 Bad Gateway」のエラーが発生する原因はつぎのとおりです。

ウェブサーバーにアクセスが集中した場合です。サーバーに大きな負荷がかかるため処理可能な容量を超えて一時的に通信エラーが発生することす。

「502 Bad Gateway」の対処方法

「502 Bad Gateway」はサーバー側の問題なのでユーザー側では対処できません。

対処方法は、サイトにもう一度アクセスしてみましょう。「502 Bad Gateway」が解消する場合が一般的です。

再度アクセスしてもまだ「502 Bad Gateway」が表示される場合は、サーバー側の障害の疑いもあるのでしばらく時間をおいてアクセスしてみます。

サーバー側が問題解消するのを待ちましょう。

タイトルとURLをコピーしました