Windows10【20H2】Update時間に注意!無事終わるか?

この記事は約3分で読めます。

「Windows10 20H2のUpdate時間がかかりすぎでは?」

「Windows10【20H2】Updateするかどうか迷う?」

ネット上で時間がかかり過ぎるとの口コミがかなり多いアップデートで、チャレンジするかどうか迷うのです。

しかし、アップデートしないで使い続けると危険なので行うことにしました。

スポンサーリンク

Windows10のアップデート対象タブレット

YOGA バッテリーだけで4時間かかる
YOGA バッテリーだけで4時間かかる

手始めにWindows10のタブレットで2016年に購入したLenovo「YOGA」で行いました。

YOGAは、マイクロUSBが1口しかありません。

アップデート中は、内部HDD(フラッシュメモリ32GB)がフルになっており、外部に32GBのフラッシュメモリを差して使います。

なので、アップデート中はマイクロUSBが使えないので、内部バッテリーだけでアップデートに臨むことになります。

以前の大きなアップデートでは、なんと5時間もかかりバッテリーがすれすれでした。まだ新しかったので良かったのですが、今回はもう5年目なのでバッテリーが持つかどうか不安です。

いざWindows10【20H2】 の更新開始

更新しようとしたらHDD容量不足となり、予定通り外部フラッシュメモリーをマイクロUSBに差し込んで行いました。

更新が進むと、約20%まで来たところで全く止まったような感じで動きません。

そこから約1時間で21%まで進んだのです。

昼ご飯を食べて、戻ると、まだ27%とカメのようにのろいのです。

さらに2時間が経過し累計3時間が経過するものの、終了しません。

バッテリーが心配です。

そして、なんとか4時間が過ぎたころ、ディスプレーがもとに戻っていました。

バッテリーのメモリは底になって、もうゼロに近い状況で無事完了。

更新は成功したのか?

さて、いつものようにマイクロソフトのログイン画面からパスワードを入力すると・・・・

フリーズしてしまいました。

まったく動かないくなり、どうしたものか?

ダメ元で、電源を強制終了して、再度立ち上げてみました。

しばらく真っ黒な画面になり、HDDに不具合が出たので、自動的に処理するというメッセージ。

その後、時々メッセージが出たりして、「個人用設定がみあたらない・・」と恐ろしいメッセージが。

それも、自動で消えました。

その後、いつもの画面が出て無事に使えるようになりました。

設定からアップデートを確認すると「最新」の状態となっていました。

アップデートには時間がかかる

今回は、事前にネットで情報を得ていたのであせることなく、無事完了しました。

Windows10【20H2】のupdateは、非常に時間がかかります。

ぼくのように電源がバッテリーだけの場合は、電源が十分に賄える準備が必要です。

タイトルとURLをコピーしました