アドセンスの『サイドバー広告』あるサイズで収益アップ!

アドセンス・ASP
この記事は約3分で読めます。

アドセンス広告で収益を上げたいのですが、なかなか思うように広告の効果が出ません。

そこで試行錯誤して発見した効果的な穴場の一つがサイドバー広告です。

どれほどの効果があるかを以下のポイントから解説します。

その①:アドセンスの広告の定番配置
その②:サイドバー広告の効果

スポンサーリンク

その①:アドセンス広告の定番配置

アドセンス広告には、定番と呼ばれている配置場所があります。

別の記事でも紹介しましたが確かに効果がありクリック率が向上しました。

その配置は以下の通り右側に直したら効果が出ました。クリックされないリンク広告ですがこの位置だとクリック数は少ないですがたまに効果があります。

その効果が安定的になってきて更なる効果のある場所をさがしました。

その②:サイドバー広告の効果

GoogleやYahooからのオーガニック検索による流入の人たちがクリックする確率がとても高いのです。「ネットサーフィン系」です。なにか新しい情報を浅く広くさがしている層です。

ゴールデンウィークや長期休暇になるとクリック率が高くなる広告です。

ネットをもっともよく使っている学生の皆さんが夏休みに入ったころからGoogleからの流入が増加しはじめました。

特に趣味のブログが検索からの流入が多くなっています。

サーフィン系に人気のサイドバー広告

サーフィン系の方は、自分の趣味にあった情報を軽くクリックしています。よって目立つアドセンス広告が有効であり、大きい広告が効果を出すのです。

穴場の広告配置場所がサイドバー広告です。

サイドバー広告の特徴

IT系のノウハウ系のブログでは、めったにクリックされることの無いサイドバー広告ですが、ネットサーフィン系の情報検索層では、高い効果が期待できるようです。

今回効果を出しているのは「アウトドア系の趣味のブログ」です。7月からアドセンスのディスプレー広告300×600がサイドバーで効果を出しています。

この位置は定番ですが、ノウハウ系ではイマイチであり、趣味系でも変動が大きい場所です。その変動の時期でも効果的な時期に絞って掲載します。

サイドバー広告の効果

掲載場所は、上図の通りブログのサイドバーです。このサイドバーという位置はスマホでは、記事が終わってからの表示になるので効果は期待できませんが、PCではサイドバーを含めて全体が表示されるので効果がでてきます。

特に7長期休暇の直前からの効果が大きくなっています。

遊びのための「情報検索」が増加しているためと思われます。

サイドバー広告のサイズと追尾広告

サイドバーに設定した300×600縦長ディスプレー広告 は1カ月分の広告収入半月で達成しました。サイドバー広告のクリック数が増加しているのです。

特に最近許可された追尾広告はさらにクリック率が高くなっています。

参考:アドセンス『追尾広告』導入条件の変更でメリット

おわりに

アドセンスのサイドバー広告について効果を紹介しました。

詳細なデータの表記は禁止されているので概要だけの説明となりました。

Nao(NAOテック)

タイトルとURLをコピーしました