「当ブログはアフィリエイト広告を利用しています」

アドセンスの記事内広告はうざい?正しい貼り方と効果

Googleアドセンスの記事内広告は「うざい!」と感じる方も多いはず。

しかし、記事内広告の貼り方次第では大きく稼げます。

今回はGoogleアドセンスの記事内広告の間違った貼り方と正しい貼り方を解説します。

「PR」

アドセンスの記事内広告はうざい!

Googleアドセンスの記事内広告は見る人にとっては「うざい!」しろもの。

せっかく記事を読んでいるので「じゃま!」になります。

なんでこんなとことに広告が表示されるのか?

広告がじゃまで仕方がない方もユーザーには多いのです。

では記事内広告が「うざくない」というユーザーはいるのでしょうか?

記事内広告は効果があるのか?

アドセンスの記事内広告は、結果から言うとかなり効果があります。

理由は、必要なユーザーに必ず届く位置に貼っているから。

なので、タイミングよくユーザーの意図にあった記事内広告は効果があります。

そうではいユーザーにとっては、どうでもいいじゃまな広告になってしまいます。

記事内広告が必要なユーザーとは?

探し物をしているところに、探している広告が運よく表示されたらどうでしょうか?

アドセンスの広告は、閲覧するユーザーの検索履歴から、ふさわしい広告をAIが選んで表示してくれます。

ということは、ユーザーが探し物をしている記事ならば可能性はあります。

記事を読んでいても、そこにひょっこり表示された広告が、ユーザーの興味にあえばクリック間違いなしです。

アドセンス記事内広告の間違った貼り方

記事内広告の貼り方について、物販アフィリエイトとアドセンスでは違います。

物販アフィリエイトでは、途中に公式サイトなどのテキストリンクを張ったりします。

それはユーザーが途中でもクリックしてくれるタイミングが欲しい場合です。

この方法をアドセンスでも同様に使うと広告が「うざく」なります。

H2見出しの前に記事内広告を貼ると効果があると言います。

だからといって、H2見出しの前に貼ればいいというものではありません。

考えずに記事内広告をH2見出しの前に貼るのは間違った貼り方で効果は激減することに。

アドセンス記事内広告の正しい貼り方

アドセンスの記事内広告には特徴的な貼り方があります。

記事を読んでいて、ユーザーが一区切りして「ここでもうやめようか?」という位置に記事内広告を貼る方法です。

例えば「まとめ」を記事の最後に書きます。

この「まとめ」を読むユーザーは少ないと言われています。

つまり、「まとめ」の前に記事内広告を貼ると効果が期待できます。

もう一つは、記事の途中で離脱すると思われるところに記事内広告を貼ります。

記事を書いていると、ここは「あんこの部分」「ここは付け足しの部分」などがわかりますよね。

つまり「付け足し部分」の前で離脱することが予測されます。

ここに記事内広告を貼ると、ユーザーは離脱する時に広告を踏んで離脱することが多いです。

あくまでもユーザーが記事内でどんな動きをするかをイメージして記事内広告を貼ると効果が期待できます。

まとめ:アドセンスの記事内広告はうざい?正しい貼り方と効果

今回はアドセスの記事内広告の間違った貼り方、正しい貼り方を解説しました。

記事内広告は企業も単価の高い広告を出す場合があり、相当な収益をあげることもあります。

ぜひ、記事の特長をよく見てどこで離脱するのか、最後まで読むのかなど行動をしっかりと分析。

その上で記事内広告を貼って、効果測定をしてみることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました