ブログ記事のネタ切れが一発で解消!ネタ探しのコツ

この記事は約5分で読めます。

「ブログ記事のネタが見つからない・・」ブログを運営していると、必ず直面する悩みです。

ネタ切れ問題は、ちょっと見方を変えればネタが尽きることはありません!

ネタ切れがスッキリ解消すれば、モチベーションがアップします。

おまけに収益も増加します!

ネタ切れが起こる原因と解決方法を説明します。

また、継続して更新するためのポイントを紹介します。

ネタに迷うことなく記事更新できる方法を解説します。

スポンサーリンク

ブログ記事でネタ切れが起こる原因?

ネタがない・・・

それは、見方を変えればすぐに原因がわかります。

自分の考えを書こうとすることがネタ切れの原因です。

自分の知ってる範囲で勝負すると、100記事も書いたらネタ切れになります。

初めてブログ記事を書き始めた時などは、

20記事にも満たないうちに、カベにふつかりますよね・・

そもそも何のためのネタか?

ブログ記事の「ネタ」は、何のためにあるのでしょうか?

人はわからないことや調べたいことがあるから検索して、その解決策をみつけます。

つまり、なにか悩みや問題を解決したい、知らないことを知りたい、そんな要望から検索します。

では、みんな「どんな悩みや知りたいことがあるのか?」

それを調べるツールがあります。

悩みや知りたいことを「どんな言葉で検索しているんか?」が分かるツールです。

簡単なツールで無料の「ラッコキーワード」があります。

その他にも専門的なツールはたくさんありますが、これで十分ネタを探すことが可能です。

例えば「うどん 食べ方」をキーワードにして調べます。

その結果、検索されているキーワードの一覧が表示されます。

引用:ラッコキーワード

「うどん 食べ方」の2つのキーワード、「うどん 食べ方 マナー」という3つの複合キーワードなどが表示されます。

実際にユーザーが悩んだり調べたりしている検索するときの言葉です。

これらの項目をネタにして記事を書くことで、その記事は価値が出てくるのです。

検索の裏側にある本音を探る

例えば「うどん 食べ方 マナー」というキーワードで記事を書くとします。

もちろん自分のしている範囲で書いてもいいのですが、「うどん 食べ方 マナー」で検索した人は、どんな意図で検索しようとしたのでしょうか?

実際にGoogleから「うどん 食べ方 マナー」で検査してみましょう。

すると多くの記事が表示されるので、上位に表示された記事をいくつか読んでみましょう。

そこに書かれている解決策が、実は読者が知りたかったことになるのです。

検索したユーザーが知りたかった本音は・・・

「うどんを食べるときに、ズズッ~と、音を出して食べるのは、マナー違反か?」

という悩みであり疑問だと分かります。

つまり、そのことをネタにして記事を書いていくと、読まれる、検索される記事になるのです。

そのためには、うどんの食べ方を研究してから記事を書くことになります。

そんな、勉強しながら記事をかいてもいいの?

実は、そのスタンスが重要なのです。

読者は大変いそがしく、自分で細かく詳細を調べる時間がないから、Googleで検索して素早く解決策を見つけたいのです。

なので、あなたは、「その読者にかわって調べたことを提供する」という立場で記事を書くのです。

自分が知らないことでも、人のためになる十分な記事を書く価値があるということです。

ネタの見つけ方

ネタの見つけ方は、いろいろあります。

コロナ禍の息抜きの方法もあるだろうし、漬物のおいしい漬け方などもあるでしょう。

自分のブログのテーマにそった内容を先ほどの「ラッコキーワード」で調べれば、記事のネタは見つかります。

難しいことはないので、ぜひやってみてください。

上級になると、さらにキーワードツールがあるので本格的に利用することになるのですが、最初はここら辺からでも十分に記事を書くことができて、検索順でもあるていど上位に入ることができます。

ネタを保存する方法

ネタを調べたら一覧表が表示されますので、それをコピーて保存しておきます。

次回からは、その一覧に基づいて「うどん 食べ方」に関連する記事を書いていけばいいのです。

ネタに悩まず、記事の更新を続けるポイント

ネタに悩むことなく記事をどんどん書いていくためには、調べたキーワードの一覧表から、順に書いていけば、ものすごい数の記事ができることになります。

それでも行き詰まったら・・・

もちろんGoogleにブログの評価をアップさせるためには、ブログのテーマにそった記事を書くことが大切です。

アイデアに行き詰また時は、PCから離れて目的の無い散歩をしてみましょう。

PCの前にずっと座って考えてもアイデアは出てきません。

散歩は頭をスッキリさせてくれる。

アメリカのスタンフォード大学の2014年の調査によると、「歩き回っているとき」と、「座っている状態に」を比較すると、歩き回っている方がクリエイティブになると報告しています。

みんな散歩していた。

最近の研究によると、単に立ち上がるだけでも思考力が向上する」とほうこくされています。

アップルのスティーブジョブス

「ハングリーであれ。愚か者であれ」アップルのスティーヴ・ジョブスは、独創的なアイデアを生み出すためにやっていたのが「散歩をすること」でした。大事な話やひらめきが欲しい時のたった一つの習慣でした。

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ

「完璧を目指すよりも、まずは終わらせろ」。メンターの1人がジョブスだったと言われています。ジョブスとザッカーバーグがパルアルトの街を一緒に散歩していたようで、散歩をしながら重要な話をしていました。

ツイッターのジャック・ドーシー

「私たちは過去に成されたことを繰り返すために存在しているのではない。」名言ですね。散歩ミーティングを実践していたのはジャック・ドーシーも同じでした。

みんな散歩が大好きで、散歩で会議をしていたのは有名な話ですね。

セロトニンが必要です。

脳内物質セロトニンが、幸せ感を増幅!

30分も歩くと酸素が体中をまわり、頭がスッキリとしてくるし空気が美味しいのです。

歩くのは本当に気持ちいいです。

気持ちがいいと、頭の中に合った様々な情報のシナプスが連携しはじめます。

無欲になり、ありのままの自然を肌で感じるのです。

すると泉の様に新しいアイデアが出てくるのです^^。

まとめ

ブログを書いていると、頭がフリーズしてアイデアが出てこなくなります。よくある事です。

PCから離れて、数分でも散歩することが良いのです。

nao(NAOテック)

タイトルとURLをコピーしました