ブログ記事のアイデアは散歩で!セロトニン増加で思考力アップ

目的を持たず、花や空、森をみたりとぶらぶらするのが最高に脳に良いのです。それはなぜでしょうか?

PCの前だけでは、行き詰るのです。

アイデアに行き詰また時は、PCから離れて目的の無い散歩をしてみましょう。PCの前にずっと座って考えてもアイデアは出てきません。

散歩は頭をスッキリさせてくれる。

アメリカのスタンフォード大学の2014年の調査によると、「歩き回っているとき」と、「座っている状態に」を比較すると、歩き回っている方がクリエイティブになると報告しています。

みんな散歩していた。

最近の研究によると、単に立ち上がるだけでも思考力が向上する」とほうこくされています。

アップルのスティーブジョブス

「ハングリーであれ。愚か者であれ」アップルのスティーヴ・ジョブスは、独創的なアイデアを生み出すためにやっていたのが「散歩をすること」でした。大事な話やひらめきが欲しい時のたった一つの習慣でした。

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ

「完璧を目指すよりも、まずは終わらせろ」。メンターの1人がジョブスだったと言われています。ジョブスとザッカーバーグがパルアルトの街を一緒に散歩していたようで、散歩をしながら重要な話をしていました。

ツイッターのジャック・ドーシー

「私たちは過去に成されたことを繰り返すために存在しているのではない。」名言ですね。散歩ミーティングを実践していたのはジャック・ドーシーも同じでした。

みんな散歩が大好きで、散歩で会議をしていたのは有名な話ですね。

セロトニンが必要です。

脳内物質セロトニンが、幸せ感を増幅!

30分も歩くと酸素が体中をまわり、頭がスッキリとしてくるし空気が美味しいのです。

歩くのは本当に気持ちいいです。

気持ちがいいと、頭の中に合った様々な情報のシナプスが連携しはじめます。

無欲になり、ありのままの自然を肌で感じるのです。

すると泉の様に新しいアイデアが出てくるのです^^。

まとめ

ブログを書いていると、頭がフリーズしてアイデアが出てこなくなります。よくある事です。

PCから離れて、数分でも散歩することが良いのです。

nao(NAOテック)