新型コロナで『アドセンスは大丈夫か?』不思議な変動

アドセンス・ASP
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

アドセンスの収益に関連する数字がよく見えなくなってきました。新型コロナの影響なのでしょうか?Twitterでは収益が激減したとの記事も投稿されているのですが、本当かどうかがわかりません。

スポンサーリンク

新型コロナ禍の経済影響

7月に入ったころから今までとは違うなという感覚を感じました。緊急事態宣言が出されてからの自粛などで企業の業績は急減していることを考えると、6月までは何とか耐えてきたとはいえ、7月になると期待のGoTo トラベルの期待も消えたことでさらなる企業は広告費に関する影響を受けているのかもしれません。

テレビのコマーシャルではネット販売関連が増加しているように感じるのは私だけでしょうか?

番組も使いまわしが増えているのはTV局自体の広告費収入が減少していることから、番組制作に費用をかけることが難しくなってきていることを危惧するのです。CMは高齢者を対象にした健康関連が多いのです。消費の期待は高齢者になっている可能性があります。

企業の業績悪化に伴うボーナスや給与への影響がこれから大きくなことは想像されることです。購買意欲も下がってきている影響も出始めているのかもしれません。

2,020年7月下旬のアドセンス

このような経済状況下でアドセンスが好調になる要因が見つからないのです。当然googleは広告費収入が減っていることから、アドセンスの運用も今まで通りの運用と同じようにいくのでしょうか。

7月上旬はまだ従来の収益がある程度見えていました。PV数や広告表示回数あたりからどのくらいの収益があるか経験則から見えていたのです。それが中旬になると、PV数が多くてもクリックされなくなってきました。

こればブログに問題があるのでしょうけど、ここまで変化があるとはおもいませんでした。収益のランクを勝手に自分で決めています。S,、AA、A、B、C、D、Eの6段階で評価してみました。

PV数は順調の伸びています。落ち込みは今のところ見えていません。

7月上旬はEが1回だけでした。中旬はE,EEが各1回。下旬はすでに6回のE、EEランクがでているのです。こんな現象はありませんでした。ほぼCDEにシフトしています。

各指標を分析しているのですが、下がる要因はブログ内にはみあたらないろことから外部要因による影響と思われます。ジャンルの違う他の3つのブログでも同様な影響を見ています。

クリック単価の極端な低下は何を意味しているのでしょうか?

あくまでも推測の域をでませんが、クリック単価は入札制となっていて、入札の単価が下がってきている影響なのかもしれません。表示させる広告の種類がユーザーの要望に合う広告がとれていない可能性も疑われるところです。

広告主が撤退すればするほど、ユーザーの選択する種類が減少するかもしれません。

新型コロナの就職はまだ見えていません。7月28日は速報で東京266人になりました。

感染者数の急増が始まったのが7月初めで下旬になり急激に200人を超えるほど急増しています。

アドセンスの7月の季節性変動

アドセンスの動画配信で学んだことですが、年間の季節性が収益を増減させる要素を含んでいることを公表しています。

それによると7月下旬は年間で最も収益が下がるデータとなっています。今回の減収が季節性であることを祈るばかりです。

今後のアドセンス

8月の動向を注視しながら今後の予測が一致するのかどうかが分かってくると思います。

人類として今回の新型ウイルスの世界的なパンデミックは久しぶりのことでだれも経験者がいないのです。

今後2週間でGoTo トラベルの影響が出始める時なので、どれほどの影響があるのかわかりません。感染者数は500を超えて1000人台を超えるという専門家もいます。

タイトルとURLをコピーしました