2019年10月1日【重要なお知らせ: AdSense ポリシーが変更されました】ポリシーセンター等の確認と対処方法

Googleアドセンスから重要なお知らせが配信されました。変更点とポリシー違反の内容を確認しました。その対処方法を説明します。

変更点とポリシー違反の内容

8月の予告にあったポリシーの変更が行われたことを確認するメールでした。

ポリシーの重要な変更点の確認

メールの確認です。Googleからのメール内容を引用します。


本日をもって、サイト運営者様 / パブリッシャー様のコンテンツに関するポリシーの構成をシンプルにして、広告掲載が認められないコンテンツと広告掲載が制限されるコンテンツを明確に分けました。

Google サイト運営者 / パブリッシャー向けポリシー: このポリシーでは、サイト運営者様およびパブリッシャー様向けのすべての Google サービスで、広告掲載が許可されないコンテンツの種類を示しています。

Google サイト運営者 / パブリッシャー向け制限事項: 広告掲載による収益化が制限されるコンテンツの種類を示しています。

引用:Googleアドセンスからのメール

前回のメール【重要なお知らせ: AdSense のポリシーがまもなく変更されます】に基づいて、10月から変更になったことの確認です。

新たに追加されたこと

アドセンスの管理画面のポリシーセンターに、 [要修正] [広告配信ステータス]が表示されるようになり、該当する場合は処理をすることを伝えています。


こうした変更に伴って、AdSense ポリシー センターに [要修正] と [広告配信ステータス] という 2 つの新しい列が追加されます。[要修正] 列は、修正すべきポリシー違反の問題があるかどうかを示します。[広告配信ステータス] 列は、ポリシー違反や需要制限が原因で広告配信が停止していないかどうかを示します。

引用:Googleアドセンスからのメール

AdSense ポリシー センターに [要修正] と [広告配信ステータス] という 2 つの新しい列が追加されました。

確認方法

(1)アカウントのポリシーセンターをクリックします。

(2)このページに、[要修正] と [広告配信ステータス] という 2 つの新しい列が追加されて表示されるということです。

調べて見ると、現状では[要修正] と [広告配信ステータス]による表示がなく、ポリシー違反は無いようです。

もし、ポリシー変更による違反が検出された場合は、ここに表示されるようです。

前回の予告に関する記事

まとめ

前回のメール【重要なお知らせ: AdSense のポリシーがまもなく変更されます】に引き続き、ドキドキする内容でした。

今後は、新しく更新された「ポリシーの変更」に準拠したサイト運営を心がけましょう。

nao(NAOテック)