【重要なお知らせ: AdSense のポリシーがまもなく変更されます】ポリシーに関する最新情報の対応について

Googleアドセンスから重要なお知らせが配信されました。何事かポリシー違反でもあったのかと一瞬不安になり、内容を確認しました。

AdSense のポリシーにまもなく重要な変更

Googleアドセンスを利用しているサイト運営者向けにお知らせが来ました。アドセンスアカウントにも影響があるというコメントが入っていましたので、内容を確認します。


2019 年 9 月より、サイト運営者 / パブリッシャー向けサービス(AdSense、AdMob、アド マネージャー)のコンテンツ ポリシーを一部変更いたします。

現時点ではサイト運営者様 / パブリッシャー様への影響はありませんので、お客様にご対応いただくことはございませんが、来月に予定されている変更に備えてこのメールの内容をよくお読みいただきますようお願いいたします。

引用:「Googleアドセンス重要なお知らせ」より

特に具体的な対応の必要はなく、内容をよく読んでおくようにというメッセージと受け取りました。

その上で、内容を確認してみました。

コンテンツポリシーの一部変更について

この案内文をよく読むと、コンテンツポリシーの一部が9月から変更になるということです。9月の変更に向けて、よく読んでおく事という趣旨ですね。

変更理由は、ポリシーの簡素化と合理化で、ポリシーとの付き合い方や違反によって生じる影響を、サービスを問わず明確かつ簡単に整理しますということです。

どんな影響があるのでしょうか?

主な2つの変更点に関してどの様な影響があるのか確認しました。

変更1:「Google パブリッシャー ポリシー」

収益化の対象から除外されるコンテンツ タイプの規定が明確になるということです。

収益にはつながらないコンテンツのタイプを明確に規定することになるのです。

除外されるコンテンツタイプ

違法なコンテンツ、児童の性的虐待や小児性愛に関するコンテンツ、露骨な性的描写を含むコンテンツ、成人向けのテーマを含むファミリー向けコンテンツ、知的財産が不正使用されているコンテンツ、絶滅危惧種を原材料とする商品を宣伝するコンテンツ、危険または中傷的なコンテンツ、不正行為を助長するコンテンツ、不実表示を含むコンテンツ、悪質なソフトウェアやユーザーが求めていないソフトウェア、国際結婚の斡旋に関するコンテンツなど

変更2:Google パブリッシャー向け制限事項

広告の供給が制限されるコンテンツ タイプについて規定するということです。

Google 広告では、これらのコンテンツは従来どおり広告配信の対象外となります。

対象の制限されるコンテンツタイプ

性的なコンテンツ、衝撃的なコンテンツ、爆発物に関するコンテンツ、銃に関するコンテンツ、銃の部品や関連商品に関するコンテンツ、その他の武器に関するコンテンツ、タバコに関するコンテンツ、危険ドラッグに関するコンテンツ、アルコールの販売と乱用に関するコンテンツ、オンライン ギャンブルに関するコンテンツ、処方薬に関するコンテンツ、未承認の医薬品やサプリメントに関するコンテンツなど

AdSense パブリッシャーへの影響は?

Google パブリッシャー向け制限事項に含まれるコンテンツの収益化は、従来と異なりポリシー違反とはならないという説明です。

Google パブリッシャー向け制限事項に含まれるコンテンツを収益化しても問題は無いと説明しています。

しかし、「制限対象でないコンテンツよりも広告の供給が少ない可能性が高い点にご注意ください」としています。

一方、Google サイト運営者 / パブリッシャー向けポリシーに含まれるコンテンツを収益化することは禁止されていますので、該当コンテンツには広告を設置してはならないと説明しています 。

現行のポリシーと同様に、ポリシー違反のコンテンツを収益化しようとすると、アカウントが一時的または恒久的に停止される可能性があるとのことで、従来通りポリシーを守ることが必要ですね。

必要な対応について

現時点では必要な対応は特に無いようです。

2019 年 9 月から、ヘルプセンターとポリシー センターに「ポリシー」および「制限事項」が反映されるので、新しいポリシーと制限事項に目を通し、運用中のコンテンツが対応しているかどうかをご確認することが必要だと説明しています。

まとめ

ちょっと驚くお知らせでしたが、アドセンスを利用してサイトで収益を上げていく場合は、今回改めて明確になった「ポリシー」と「制限事項」への理解とポリシーを守っていく事を確認しました。

当記事で、内容の理解に間違いがあれば訂正を追記で行ってまいります。

nao(NAOテック)