アドセンスの収益が激減した時の対処方法

ある日を境にアドセンスの日々の見積もり収益が激減することがあります。その原因の一つと対処方法を説明します。(ざいぶろ情報部)

それまではブログは順調にアドセンスの広告から収益が出ていました。今年の9月に突然その日から見積もり収益額が1桁もダウンしました。

その後も1桁まで減少する日もあり、なにかポリシー違反でもしたか、広告の表示を止められるような違反があったかと心配になりました。

収益が激減する原因を調べる

初めに疑ったのが、ブログにアクセス(PV)が発生しているかです。Googleアナリティクス、Googleサーチコンソールからチェックしました。

PV数に関して減少はしていません。通常通りのアクセスが発生しています。

次にアドセンスの広告がPV数に対応して表示されているかチェックしました。広告も表示されています。通常はPV数に対して3~5倍の回数が表示されていますが、同様に表示されているのです。

クリック率を調べる

アドセンスの広告のクリック率を調べると、なんと限りなくゼロに近いのです。

これはどういうことなのか?

広告が順調に記事の表示されているのに、その広告がクリックされていないということです。

つまり、「原因は広告がクリックされないので収益が減少した」と想定してみました。

なぜ広告がクリックされないのか?

原因は3つあると想定しました。それらの項目をチェックしました。

その1.適切な内容の広告ではない

これはGoogleアドセンス側のAIが、ユーザーの興味や関心により広告を選んで表示するので、わたしが選ぶことはできません。

たとえ、多少内容がミスマッチしていても、これはどうしようもないのでパスします。

その2.季節的な要因で興味が無くなっている

アウトドアの記事は季節のよってPV数が増減したり。広告のクリック率も変わると推測しました。

でも、突然ある日を境に季節が変わり、広告をクリックする人が激減するとは考えられません。

トレンド記事なら納得ですが、アウトドア全般の記事なので冬でも夏でもそれほど影響は受けないと思います。今までも、季節でそれ程影響を受けた事がないので、この原因もパスしました。

その3.広告が画面に表示されても場所が悪い

残るは広告の配置です。

広告を配置する方法は2つありますね。自動広告と自分で広告ユニットを配置方法です。対象のブログは、マニュアルで広告ユニットを配置しています。

自動広告にチェンジしてみる。

Googleアドセンスが推奨している「自動広告」に全てを変更してみました。もし配置が原因なら、自動広告に変更すれば結果もなにか変化がでるかもしれないからです。

しばらく自動広告で表示させてみました。すると、記事のテーマの上下にものすごく大きい広告が表示されたり、サイドバーにも大きい広告が表示されていて、ブログの訴求力となるデザインが壊滅状態になりました。

自動広告は、収益が改選されてもブログの趣旨とは違う広告配置となってしまうので、1日で元に戻しました。

配置した各広告ユニットの収益をチェック

記事の中に、7つの広告ユニットを配置していました。

ディスプレー広告ユニット:3カ所 サイドバーに配置
記事内広告ユニット:5カ所 記事内に3段落ごとに配置
ディスプレー広告ユニット:1カ所 コンテンツの最後に配置

各ユニットの過去7日間の収益をチェック

サイドバー1カ所、コンテンツ最後の1カ所、記事内の2カ所の収益がゼロでクリックされていません。これが足を引っ張った原因と仮定しました。

理由は「スマートプライシング」

Googleアドセンスには、広告クライアントを保護するために、スマートプライシングという機能があると言われています。


スマプラはグーグルアドセンスの広告主を保護する為の機能で、価値の低いクリックが多いサイトでのクリック単価を機械的?に下げる機能のことです。
具体的には、クリック後のユーザーの動きによって点数をつけ、その総合評価でスマプラ対象額?が決まるらしい。
調べてみると、ほとんどのサイトが少なからずスマプラ対象になっているらしい。
悪戯クリック、誤クリックの割合が多ければ多いほどCPCを下げる効果が現れる。らしい。

引用:furoblog’s blog-【Adsense】スマートプライシングで単価が下がる??

まさに、このスマートプライシング機能による影響ならば、思い当たる節があります。

広告量とクリック率から価値が下げられた?

マニュアルで広告ユニットをプラグインを使って自分なりに配置していました。

先日、多少のチューニングのつもりで配置を修正しました。記事の間に「記事内広告」ユニットを2カ所増やし、記事末尾にディスプレー広告を1カ所追加、計3カ所増やしました。

対処として無収益広告を削除した。

収益が殆ど発生していない広告ユニットを削除しました。マニュアルで設置いした記事内は全て無くなりました。自動広告で「記事内広告」をOnにして、表示はGoogleアドセンスのAIに任せる事にしました。

サイドバーの広告は収益を上げているので、継続しました。

翌日、広告収益が朝から復帰する

おどろきですが、広告を整理した翌日朝から1桁アップするところまで改善されています。

これは、たんにPV数が終末近くは上がるのでその影響かと思いチェックしましたが、関係はありません。

昨日は、500PVで5円とすれば、翌朝は70PVで90円位の変化です。詳細は好評出来ませんのでこの位です。確実に単価も改善しているようです。

まとめ

ある日突然にアドセンスの収益が激減したときは、広告の収益をチェックして、収益の無い広告は全て削除すると、元に改善しました。

スマートプライシング機能が、価値のない広告やクリックと判断して、広告単価が下がり、収益が激減することがわかりました。

nao(NAOテック・ざいぶろ情報部)