アドセンス収益アップで『検索エンジンBing』が見逃せない理由

SEO対策
この記事は約3分で読めます。
googleで検索順位が圏外の記事がなぜ投稿して間もないのにアドセンスで収益を上げているのか?なぜPV数が多いのか?ふしぎなことが起こるのですが、原因はなんでしょうか?

こんな疑問向けの内容です。

スポンサーリンク

その1:投稿直後からPVが発生するのはなぜ?

一般的に記事を書いて投稿するとgoogleにインデックスされてもすぐには高い順位で表示されることは多くはありません。

なのになぜかPVがやけに多くなっている時があります。

それはgoogleアナリティクスで確認すると検索エンジンが「bing」に拾われていることが分かります。

スポンサーリンク

その2:Bingという検索エンジン

Microsoftが提供する検索エンジンのことです。検索エンジン「Google」の検索からの流入ばかり追っかけていたので、Bingはちょっとおまけ的に考えていました。

検索エンジンBingの2018年における日本のシェアは、デスクトップ(パソコン)でわずか7.39%なのです。無理も無いのです。BingがMicrosoftの検索エンジンと聞けば、当然浮かぶのがOSのWindowsですね。

つまりWindowsにインストールされている、Microsoft社製のブラウザソフトのIEとEdgeが使っている検索エンジンがBingになるのです。Googleメインだとブラウザーソフトは、chromeを使うでしょう。サブで、IEやEdgeを使うことはありますが。

なので、最初からプラウザーをMicrosoftのIEやEdgeを使っている人がBingを使っている場合が多いのがわかります。ビジネスの現場では、セキュリティの面からほぼIEかEdgeを強制的につかっていると思います。なので、一つはビジネス現場で使う人がいる事です。

一方、パソコン教室などに通って使い方を学んでる人は、インストールが面倒なchromeなどはよく分からにから、スクールで教わった通りにパソコンに最初からインストールされているBingを使っている可能性が相当に高いのです。

それも年齢が高い中高年の方に多いように思います。これは感覚で感じます。

その3:Bingでアドセンスの収益アップ

googleにインデックスされるよりもPV数は少ないのですが、特徴があります。

記事を投稿した直後からPV数がそこそこ稼げるのです。一気に1,000PV辺りに到達する記事もあります。

その多くは年齢層が高い方向けの記事です。なのでアドセンス広告はクリック単価の高いものが表示されているのではないでしょうか。クリック単価が驚くほど高いです。

なのでgoogleにインデックスされなくても高年齢向けの記事でアドセンスは収益を上げているのです。

まとめ

googleで検索順位が圏外の記事がなぜ投稿して間もないのにアドセンスで収益を上げているのかを説明しました。投稿してまもなく、なぜPV数が多くなるのかふしぎなことが起こるのかも紹介しました。参考にしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました