「当ブログはアフィリエイト広告を利用しています」

AIライティングにできないこと?5つのデメリット対策

AIライティングツールを使うとブログ記事を作るのがとっても早くなるメリットがあります。

一方で、AIライティングツールで作成したコンテンツには5つのデメリットが存在します。

生成AIという便利なツールですが2023年12月現在どんなデメリットがあるのか解説します。

また、デメリット対策も紹介します。

「PR」

AIライティングにできないことがある?

AIライティングにできないことがある?

AIライティングツールで使われているエンジン「chatGPT」はいまや知らない方はいないほど有名になりました。

「chatGPT」を使ったAIライティングツールもたくさん公開されていて、しかも無料で利用できるツールはたくさんあります。

ぼくも実際にAIライティングツールを使って記事を作ってみました。

5,000字程度の記事なら、記事のタイトル、記事構成(目次)、本文作成まで自動でやってくれます。

AIライティングツールのメリットは、ネット上にあるコンテンツから情報を集めてくることです。

しかも、こちらからキーワードを指定してやると、AIライティングツールは関連キーワードも提案し、さらに「記事のテーマはどれがいい?」と5つほど提案してくれます。

さらに記事のテーマを選んで「これで作って!」と指示を出すと、記事構成というか「目次」に当たる提案を5つほど提示してくれる。

希望の記事構成(目次)を選んで、「これで記事書いて!」と指示するとわずか1分程度で記事内容が完成します。

通常は記事のコンテンツを作るための情報を集め、さらに記事構成を考え、記事タイトルとキーワードなどを考え・・・約半日かかって作成します。

ところが、AIライティングツールを使うと「キーワードの含有率も含めたSEO対策」も考えてくれるようで、今まで見たこともないし考えたこともない内容を生成してくれます。

とは言え実際に使ってみるといわかりますが、所詮ネット上にある情報をかき集めてくるのは人間よりも高速です。さらに自然言語による記事生成も人間にはできないスピードを持っています。

しかし、2023年12月現在で考えると、残念ながら人間でないとできないことが5つあることを実感したのです。

なぜ2023年12月現在と指定したかと言えば、実はこの時点での問題てんはいずれ解消する日が来ると考えたからです。

AIライティングの5つのデメリット

2023年7月6日に提供開始した「ユーザーローカルAIライター

ではAIライティングツールつまり生成AI「chatGpt」ができないデメリットが5つ存在します。

  1. chatGPTが持つ情報は2021年9月までを学習の対象としている
  2. 集めた情報に引用元がない。情報の正当性・権威性がない
  3. 画像・イラストなどビジュアルコンテンツの説明がない
  4. 補足説明・補足記事・関連記事がない
  5. 引用元・外部リンクへのURLがない

実際にAIライティングツールを使って記事を生成するとわかりますが、この5つのデメリットはどうしても人間が作る必要があります。

そうしないと、テキストだけの記事になりGoogleの評価に影響を与えるからです。

最近のGoogle検索エンジンは生成AIを気にしている?

最近のGoogleは、生成AIが作ったコンテンツが蔓延することを想定しているのかどうかわかりませんが、記事の信頼性のバックにあるエビデンスを重視する度合いが高い傾向にあるといいます。

例えば、画像は自分で撮影した写真が高評価を得たり、公的コンテンツの引用URLはもちろんですが、そ令状に「買う」 「使う」 「行く」 「聞く」 「試す」などの実際の体験も重視しはじめています。

つまりオリジナリティ(EXPERIENCE)を重視しているのです。

その人にしかできないことを評価することでコンテンツを見ているようです。

このあたりが生成AIには苦手な部分だと言えます。

AIライティングの5つのデメリット対策

もしAIライティングツールを使ってブログ記事を作るなら5つのデメリット対策が必須といえます。

つまり、以下の5つのデメリット対策です。

  1. chatGPTが持つ情報は2021年9月までを学習の対象としている
  2. 集めた情報に引用元がない。情報の正当性・権威性がない
  3. 画像・イラストなどビジュアルコンテンツの説明がない
  4. 補足説明・補足記事・関連記事がない
  5. 引用元・外部リンクへのURLがない

これを解消する対策を検討すると以下のようになると考えます。

AIライティング対策の方法

  • 2021年9月以降の最新情報を入れて記事を書く
  • 集めた情報に引用元を入れる。
  • 情報の正当性・権威性は必須
  • オリジナルな撮影画像・イラストなどビジュアルコンテンツを多用する
  • 補足説明・補足記事・関連記事を作成して内部リンクをはる
  • 引用元・外部リンクへのURLを入れる

これらの対策をすることで、AIライティングツールを使って生成した記事を効果的なコンテンツへとリライトすることができます。

AIライティングツールはコンテンツを作るための補助的なツールとして使うことが重要です。

「PR」
SEO対策
この記事を書いた人
NAO@naoテック

このサイトの運営者NAOと申します!ブログ歴2006年から18年目、ブログ、WordPress、Googleアドセンス、アフィリエイトのノウハウを提供するWebサイト『naoテック』の運営者。これまでの豊富な経験と積み重ねた実践的なノウハウで分かりやすく解説します!初級システムアドミニストレータ。

NAO@naoテックをフォローする
アドセンスとブログを快適に!

当ブログでは、Googleアドセンスをメインに記事を作成しています。アドセンスの広告、収益、コンテンツなどのスキルアップを目指しています。また、アドセンスを運用するブログのWindows、セキュリティ、サイト最適化、SEOについてもノウハウを書き留めています。ぜひ、皆様のお役に立てていただければと思います。

NAO@naoテックをフォローする
★ブログランキング参加中!
タイトルとURLをコピーしました