あなたがアドセンスで不労所得を得るための3つの極意

アフィリエイト
この記事は約6分で読めます。

初心者がブログで簡単に収益を稼ぐには通常Googleアドセンスを選びます。

約半年から1年目にはそこそこを稼ぐことができているからです。

投資するお金は、レンタルサーバーの料金と有料でドメインを取得して利用する位で、およそ年間1万5千円もあればできてしまいます。

5千円で3回も飲みに行けば消えてしまう投資額です・・・

これだけで、会社に所属しないでゼロからお金を得ることができるのです。

スポンサーリンク

ご希望は不労所得的な生活をおくるため?

ネットで「不労所得で生活する」記事を読んだりすると、ついフラッとしますね!

だれしも、楽して暮らしたいという欲望はあります。

ふつうは、どこかではたらかないとお金は稼げません。

では、不労所得とは

不労所得で生活している方のブログを読むと、なるほどと思いました。

不労所得の仕組み

不労所得の仕組みはこうです・・・

だれでも最初には「不労所得」の仕組みを作らなければなりません。

当たり前ですが、この仕組みが無いとお金が入ってこないからです。

そこに突っ立っていても、お金は入ってきませんね。

そもそも不労所得とは、何を目的にしているのでしょうか?

これを5W1Hにして、よ~くしらべてみましょう。

労所得は、

私が(Who)、

働かない時でも(When)

ネット上で(Where)

お金を(What)をたくさん稼ぐことです。

理由(Why)は、わたしの都合で労働なしでお金を稼ぎたいから。

方法(How)は、ブログを作って稼ぐことです。

稼ぐ方法はアフィリエイトやアドセンス等様々でしょう。

ようは、私がアクセクと働かずしてお金を稼ぐ仕組みを作ることですね。

お金を稼ぐのは、ブログです。

ブログは、プログラムでできていてサーバーの上で働くから、疲れませんし文句も言わず356日24時間連続して働いてくれます。

この働きがお金を生む原動力になっていのです。

ブログロボットが私にかわってお金を稼いてくれるのです。

だから、最初に必要な仕組みはブログロボットをつくることです。

このブログロボットは、作り方をうまくやると実に早く動くようになります。

へたすると、動きがおそくて「Google」から「おまえは遅い!」と評価がさがるのです。

ブログロボットの稼ぐ相手は人間です。

物ごとの解決に困っている人たちです。

ものごとの解決に困ると、人間はGoogleで調べようとします。

ブログロボットは、それにこたえようと頑張るのです。

ブログロボットは「問題解決の記事」というノウハウをもっています。

記事が入ってないとただのロボットです。

ブログロボットが人間の問題解決をするには、

人間が作った「記事」をインストールすることになります。

この記事がないとブログロボットは人間の問題解決には役にたてないのです。

なぜ、人間の「問題解決の記事」をロボットにインストールするのか?

第一の理由

「問題解決 」は、ある程度のメンテナンスをすれば、長期間ずっと使えるからです。

「不労所得」をブログロボットが稼ぐためには、いちいち、その都度人間が記事を書いていては、働かずしてお金を得ることができません。

すっとブログロボットにインストールする記事を書き続けなければなりません。

問題解決のノウハウは、「問題解決のモデル」なので、時間がたっても問題のスタイルが変わっても、そのノウハウは使い続けることてできるのです。

だから、自分だけがおもしろい記事をブログロボットにインストールしても、その時だけで記事の命は消滅してしまうのです。

第二の理由

記事検索の大半が問題解決のジャンルに集中しているからだともいわれます。

検索されなければ、不労所得になんの効果もありません。

不労所得を稼ぐには、24時間働く自動ブログロボットに「不変な記事」をインストールしておけばよいのです。

いつまでも、その組み合わせで稼いでくれるのです。

実は不労所得ではなく、事前にちゃんと働いていたのです。

ここまで読んできがつきましたか?

不労所得は、ブログロボットとそこにインストール(投稿)する不変な記事を作らなければ、なんにも始まらないことです。

不労所得の仕組みを作るために、最初だけ「仕組み作り」で働いていたのです。

その自動ブログロボットが動き始めれば、あとはちょっとずつ記事を注入して維持管理していれば、自動的にお金を稼いでくれるのです。

アドセンスで不労所得を多く稼ぐには、記事がいのちです。

記事を書く定番の方法があります。

(1)みんなが検索してくれる「役に立つ記事」を書くことです。

ニッチな記事で1日に10アクセスしかなくても、重要は記事は残っていきます。

そんな記事が100記事もあれば、10アクセス×100記事=1,000アクセス。

1日に1,000アクセスあったら、1か月3万アクセスになります。

中には数十アクセスになる記事も出ることでしょう。

そうして集まったアクセスの合計が、徐々に増えていきます。

結果、そこに表示されるGoogleアドセンスの広告がクリックされて収益を生んでいくのです。

(2)普遍的な内容で問題解決のノウハウをモデルにした記事です。

記事は、「一発芸」「打ち上げ花火」の様に、一瞬で大きな効果を上げる記事ではなく、地味ですが不変な内容で5年後でも使える記事を投稿することです。

そして、検索される記事を作ることです。

そこには、キーワードをしっかりと抑える必要があります。

90%キーワードできまりです。

私ごとですが、十数年前に書いた釣りの仕掛けを作る記事は、今でも1日に10~15PVはあります。

(3)人が使いやすいブログロボットを作ることです。

ブログロボットは、見に来た人が使いにくければ、すぐに帰ってしまします。

例えば、レストランに入って注文した料理の待ち時間が長かったり、期待した味ではなかったり、サービスが悪いと二度と行かなくなります。

ひどいレストランでは、途中で退席することにもなります。

ブログも同じで、記事の表示が遅かったり、ブログの内部が分かりにくかったりすると、もうお客さんは帰ってしまします。

5ツ星はおろか、ランクリストから転落ですね。

ブログではGoogleから「モバイルに適さない」と評価されて、ランクを下げられてしまします。

ブログのWordPressテーマひとつで、売り上げもかわってきます。

ブログロボットが認められるまで、時間がかかります。

あなたの記事を世の中に広める役目のブログロボットです。

しかし、そこには待つ時間が必要です。

短くて半年~1年は、ブログがGoogleにランクされるまで時間がかかります。

それを乗り越えれば、「不労所得」はうなぎのぼりになるでしょう!

nao(NAOテック)

タイトルとURLをコピーしました