「当ブログはアフィリエイト広告を利用しています」

Googleアドセンスの収益の目安インプレッション収益(RPM)を解説!収益を増やすコツも紹介

Googleアドセンスの収益どのような仕組みなのでしょうか?

そこで今回はアドセンスで収益を上げるために必要な「インプレッション収益(RPM)」と、「アドセンスの収益の仕組み」について詳しく解説します。

特に「インプレッション収益(RPM)」と「ページインプレッション収益(PRPM)」の違いは大切なので詳しく解説します。

RPMとPRPMをしっかり理解した上で、アドセンスで収益を増やす方法(コツ)も説明します。

また、実際にアドセンスで自分のサイトは、いくら稼げるのか目安の計算方法も紹介します。

「PR」

インプレッション収益とは何か?

まず初めに、Googleアドセンスで使われる「インプレッション」という用語の説明をします。

インプレッション(impression)の、そもそもの意味は「印象」「影響」です。

また、印象や影響を与えた回数のような意味合いでも使われます。

ちなみに、 Webマーケティングで使われるインプレッション(impression)の意味は、Web広告や記事コンテンツ、SNSなどが表示された回数を示す指標のことです。

Googleアドセンスでも使われるインプレッションとは、簡単に表現すれば「アドセンス広告が表示された回数」という意味になります。

つまり、「インプレッション収益とは、広告が表示された回数により発生する収益」ということになります。

まあ、そんなものかと、思ってくれれば、OKです!

アドセンスは2024年2月、クリック単価からインプレッション型に変更

ご存じの通り、Googleアドセンスの収益構造が、2024年2月からインプレッション収益型に変わりました。

その結果、従来のクリック単価型は廃止となりました。

そのため、Googleアドセンスの収益の計算方法は、インプレッション収益に基づいて計算することになります。

今回の記事も、そのことを念頭に置いて作成しました。

ちなみに、アドセンスのクリック単価型からインプレッション収益型に変更された詳細は以下の記事を参考にして下さい。

RPMの意味

Googleアドセンスの説明などで使われる「RPM」という用語があります。

RPMとは、「Revenue per Mille」の頭文字の略称です。

Revenue は英語で「リベニュー」と発音します。収入を意味します。

per が英語で「パー」と発音し、「~当りの」という意味です。

Milleはラテン語で「ミル」と発音します。1,000を意味します。

つまり、RPM「リベニュー・パー・ミル」とは、「1,000回当りの収入」という意味になります。

これも初めて聞く方もいると思いますが、RPMは大切なので、しっかり覚えてくださいね!

アドセンスのインプレッション収益(RPM)

Googleアドセンスの「インプレッション収益(RPM)」は、広告表示が「1,000回当りの収益」という意味です。

つまり、サイト全体に広告が1,000回表示された場合の収益となります。

インプレッション収益(RPM)の計算方法

Googleアドセンスの管理画面を見ると、「推定収益額」「表示回数」があります。

管理画面には「インプレッション収益」として表示されています。

しかし、気が付いた方で「なんで2か所に、インプレッション収益があるの?」と思った方もいるでしょう!

後で説明しますが、左側が「ページ インプレッション収益(PRPM)」で、右側が「インプレッション収益(RPM)」です。

ここで使うのは、右側に表示されているインプレッション収益の数字です。

2つの指標から、RPMを計算することができます。

広告表示が1,000回当りのインプレッション収益(RPM)の計算は以下の通りです。

インプレッション収益(RPM)=「推定収益額」÷「表示回数」×1,000

例えば、次の場合を計算してみましょう。

  • 「推定収益額」:165円
  • 「表示回数」:3,274回

165円÷3,274回×1,000=50円(RPM)

つまり、広告表示1,000回の場合は、収益が50円が見込まれます。

広告表示回数が10,000回なら、500円というように予測することも可能ですね。

参照元:Google インプレッション収益

アドセンスのページインプレッション収益(PRPM)

Googleアドセンスの「ページ インプレッション収益(PRPM)」は、ページの表示回数1,000回当りの収益です。

なんか、面倒なことになってきましたが、ここからが本番です!

先に説明した「インプレッション収益(RPM)」は、広告表示が1,000回当りの収益でしたが、ページインプレッション収益(PRPM)は、ページビュー(PV数)1,000回当りの収益となります。

つまり、みなさんが良く知っているPV数です。

1,000回ページが表示された場合の収益見込み額となります。

この数字こそ、実際に肌で感じる指標ではないでしょうか?

アドセンスは、よく言われるのが、PV数が増えないと収益も増えない・・・

まさに、そのことです。

参照元:Google ページのインプレッション収益

Googleアドセンスのレポート

「ページ インプレッション収益(PRPM)」は、アドセンス管理画面のレポートに自動的に表示されます。

おこで行われた計算式は次の通りです。

ページ インプレッション収益(PRPM)=見積もり収益額÷ページビュー(PV)数×1,000

例えは次の事例を計算してみましょう。

20円/100回)×1,000=200円

  • 「ページビュー(PV)数」:654回
  • 「推定収益額」:165円

「推定収益額」165円÷「ページビュー(PV)数」654回×1,000=252円(PRPM)

つまりPV数が1,000回の場合、収益は165円が見込まれます。

PV数が10,000PVなら、1,650円となります。

月に10万PVなら、収益は1万6500円ですね。

逆に、10万円の収益を上げるには、逆算します。

見込み額10万円÷◎PV数 ×1,000=165円

PV数⇒165円÷1,000×10万円

⇒165,000PV

つまり、アドセンスでPRPM165円のサイトで月10万円を稼ぐには、月16万5千PVが必要だということですね。

アドセンスの収益の目安を確認する方法

アドセンスって、実際にはどれ位稼げるのか、気になる方も多いはずですよね!

アドセンスの収益が、どれくらいになるか目安を計算する方法を紹介します。

計算方法は以下の通りです。

まずは、自サイトの1ヵ月平均のPRPMをチェックします。

それを元に以下の計算をします。

  1. ページ インプレッション収益(PRPM)をチェックする
  2. アドセンスで得たい収益額を決める
  3. PV数を計算する

自分のサイトの平均PRPMは、Googleアドセンスのレポートで確認します。

この場合、短期間でPRPMの値は変化するので、1ヵ月程度の期間を平均した値を参考にするのがおすすめです。

自分のサイトの収益の目安がわかる

PRPMを知ることで、自サイトがどのくらいの収益を生むか目安がわかります!

従来はクリック単価で計算していましたね。ワンクリック30円などと計算したものです。

しかし、2024年2月から、インプレッション収益に変ったので、目安の出し方も変わったと言えます。

つまり、Googleアドセンスの管理画面のページ インプレッション収益(PRPM)から、自分のサイトの収益の目安が確認できることになります。

平均的なPRPMは、約300円と言われています。

ぼくのサイトは、ジャンルによって、PRPMが350円~250円と、幅広くなっています。

例えば、1ヵ月のページビュー数5,000pvで、ページ インプレッション収益(PRPM)300円の場合、1ヶ月の収益見込みは、約1,500円となります。

もっと簡単に説明すると、1,000PVで300円だから、5,000PVなら5倍の1,500円と説明した方が、早いですね!

もし、月に10,000PVまで増えたら、収益は月15,000円が見込めるということです。

モチベーションがあがりますね!

PV数が獲得できるように、また、PRPMが上がるように、サイトを見直しつつ改善することです。

Googleアドセンスの収益を増やすコツ

Googleアドセンスの稼ぎ方ですが、ポイントは以下の通りです。

アドセンスで稼ぐ場合は、広告表示回数による収益「インプレッション収益(RPM)」よりも、「ページ インプレッション収益(PRPM)が重要な指標となります。

その理由は、広告表示回数の指標RPMの場合、広告配置や広告枠の数、サイト構成、シーズンなどの影響で大きく変動します。

しかし、ページビュー(PV)数による収益PRPMの場合は、ページが何回閲覧さたかという、とてもシンプルな数字から、収益を計算することができます。

そのため、Googleアドセンスの収益の目安が把握しやすいこと、収益目標に対して、どれ位のページビュー(PV)数が必要かもそれほどブレることなく確認することが可能だからです。

自分のサイトのアドセンス収益をチェックする方法

皆さんが今運営している、Googleアドセンスのブログの収益をチェックしてみましょう!

  • ページ インプレッション収益(PRPM)は、何円になっているか?
  • ページビュー(PV)数は、どれくらいあるか?

目標としているブログの収益を達成するには、どれ位のPV数が必要かを計算してみましょう。

PV数が、もし、500PVなら、PRPMの金額の半分ですよね!

だって、PRPMは1,000PVの収益見込みだから・・・

こんな感じで、慣れるまでは、何回も、計算して、やってみてください。

その内、見ただけで、今週はちょっと良かったな!とか、今週はもう少し記事をアップするか!

とか、対策をしながらブログのPV数アップとPRPMを上げることができます。

PRPMを知っていると、これだけ目先の収益が見えてくるんです!

そのためには、ブログをどの様に構築して、PV数を上げるのか具体的な酷評があることで、モチベーションもアップしますね!

まとめ

Googleアドセンスの収益を計算する方法を紹介しました。

アドセンスでは、ページ インプレッション収益(PRPM)が重要な指標となります。

平均とされている、PRPM300円を目指し、がんばってみてください。

アドセンス
「PR」
この記事を書いた人
NAO@naoテック

このサイトの運営者NAOと申します!ブログ歴2006年から18年目、ブログ、WordPress、Googleアドセンス、アフィリエイトのノウハウを提供するWebサイト『naoテック』の運営者。これまでの豊富な経験と積み重ねた実践的なノウハウで分かりやすく解説します!初級システムアドミニストレータ。

NAO@naoテックをフォローする
アドセンスとブログを快適に!

当ブログでは、Googleアドセンスをメインに記事を作成しています。アドセンスの広告、収益、コンテンツなどのスキルアップを目指しています。また、アドセンスを運用するブログのWindows、セキュリティ、サイト最適化、SEOについてもノウハウを書き留めています。ぜひ、皆様のお役に立てていただければと思います。

NAO@naoテックをフォローする
★ブログランキング参加中!
タイトルとURLをコピーしました