アドセンス「クリック単価」がどんどん下がる!違反の可能性がある?

順調だったアドセンスのクリック単価がどんどん下がっていく?

なにか違反でもしたのかと不安になります。

何かチェック方法はあるのでしょうか?

この記事では、アドセンスのクリック単価が下がった時にサイトに問題があるかどうかを確認する方法を紹介します。

スポンサーリンク

Googleアドセンスのクリック単価が下がるとは?

Googleアドセンスを運営していると毎日の収益が気になります。

そこで今日も正常に収益が出ているかをチェックするのですが、その時にまず確認するのがCPCという指標ではなでしょうか?

CPCはクリック単価で、1クリック何円かが表示されます。

このクリック単価がネット上では平均30円前後が目安と言われています。

そこで、ブログのクリック単価を確認するとなんと10円を下回る方向にどんどん下がっていきます。

これはどうしたことか?と心配になります。

ネット上ではアドセンス狩りの影響、広告のミスクリックの影響、スマートプライシングの影響、などといろいろなコメントが出ています。

下がったクリック単価をどのように判断したらいいのでしょうか?

アドセンスのクリック単価だけで収益の判断は危険?

Googleアドセンスの専門家のアドバイスを調べると「クリック単価だけで収益の判断はできない」と言います。

大雑把ですがクリック単価の一般的な見方は次の通りです。

  • クリック単価が低めの広告はクリック率は高くなる。
  • クリック単価が高めの広告はクリック率が低くなる。

ブログやサイトの収益はクリック単価だけで判断はしません。

季節やコンテンツ内容、ジャンルなどが複合的・複雑に絡み合って収益は結果として出てきます。

そこで利用するのがクリック率も含めた指標「ページRPM」です。

「ページRPM」とは、1,000ページビュー当たりの収益を示す指標です。

簡単に言えば、1,000PVあった時に収益は何円になるかです。

例えばページRPMが200円とすれば、そのサイトは1000PVで200円になるというわけです。

この「ページRPM」指標が一般的は範囲なら、違反でもなく、アドセンス狩りの影響でもなく、広告のミスクリックの影響でもなく、スマートプライシングの影響でもないことが分かります。

アドセンスの収益が正常かどうかを調べる方法

ではどのようにページRPMを調べ、どのように判断すればいいのでしょうか?

Googleアドセンスの「ページRPM」を調べるのは簡単です。

アドセンスの管理画面の「推定収益額」の下方にある「パフォーマンス」の中に「ページのインプレッション収益」の指標があります。

または「レポート」を表示しても見ることができます。

この指標「ページのインプレッション収益」=「ページRPM」でサイトが正常に収益を生んでいるかどうかが確認できます。

ページRPMの範囲は一般的に、100円~300円のレンジに収まります。

ページRPMがたまに100円を切る場合もありますが一時的に起こるなら問題はないと思います。

クリック単価が低くても、ページRPMが100円~300円の範囲にあるのなら問題はないと考えられます。

しかし、それが常態となれば改善が必要になります。その方法はアドセンスのヘルプでアドバイスのページがあるので参考にしてみてください。

GoogleAdSenseヘルプ ➡ 収益低下の問題に対処する

まとめ

アドセンスのクリック単価が下がっても「ページRPM」をチェックすることで、サイトでアドセンス収益が正常に発生しているかどうかが確認できます。

クリック単価だけで収益が減少したと判断するまえに是非チェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました