プラグイン「WordPress Related Posts」関連記事一覧の設定方法

プラグイン「WordPress Related Posts」を使って記事一覧を表示する方法を紹介します。

関連記事一覧は、サイト内滞留を促進します。

関連記事一覧を置くことで、記事を読み終えた読者がのページから離脱することを回避します。直帰率が低くなることはサイト評価が高くなることに繋がります。

なるべくサイト内に滞留していただくためにも、記事下に記事一覧(抜粋で関連記事などの表記)を置くことをおすすめいたします。

効果的な記事下にプラグインで配置します。

ここでは、クリック効果が比較的高いと言われている記事下にプラグイン「WordPress Related Posts」を使って配置する方法を説明します。

設定前に最終イメージを表示します。下の様に8つの記事アイコンが表示されるようにプラグインで設定してみますが、後から変更が可能ですので、ひとまずこれで進めます。


(表示のイメージ)


プラグイン「WordPress Related Posts」

このプラグインは、関連記事を記事の好きな場所に表示することができます。

WordPress Related Posts のインストール

ワードプレスの管理画面からプラグインをクリックし、新規追加をクリックして、WordPress Related Posts を検索しインストールします。

インスト―ルし有効にしたら設定を開始します。

設定からプラグイン「Wordpress Related Posts」を選択します。すると下の画面が表示されます。

Basic settingの設定

上の図の、Related Posts Title(マーカー部分)に 記事下に表示するタイトルを入力します。

たとえば、「記事一覧」、「読まれている記事」、「おすすめの記事」・・・好きなタイトルをかき込みます。後から変更が出来ます。 

Number of Posts の設定

上の図の Number of Posts では、記事のアイコンを何個表示するかを指示します。この例では8にしてあります。

Advanced setting

次に下図で、マーカーで印をつけたAdvanced settingを行うので、右のプルダウンマークをクリックします。

するとThemes が表示されます。ここでは、どんな感じで表示するかを決めます。

マーカーで囲んだ部分にマウスのカーソルを近づけると右のアイコンが変化しますので、好きなデザインを選びます。

基本的には、それ以外はそのままです。

最後に、一番下の Save changes をクリックして保存して終了します。

関連記事の表示を確認しましょう!

ここまで設定した内容で、記事下に表示(サンプル)されました。

名称は「関連記事」でアイコンは8個です。関連記事は、概ね関連した記事が選択されて表示されているようです。

変更方法

はじめの設定に戻り、表示タイトルや何個アイコンを表示されるかを再設定することが出来ます。ブログのデザインに合わせて、再設定してください。


Googleアドセンスの場合

「関連コンテンツユニット」について

Googleアドセンスの審査を通過したサイトが、要件をクリアすれば、Googleアドセンスで「関連コンテンツユニット」を設定することができます。

関連記事と広告が一緒に配置できるので収益効果が高いユニットです。

アドセンスの審査が通過するまで利用もありです。

まだ新しいサイトの場合はアクセス数やトラフィックがGoogleアドセンスの基準に満たない為、それが出来ません。

アドセンスを利用する方は、評価されるまでプラグイン「WordPress Related Posts」利用しましょう。

アドセンス【関連コンテンツの解放条件】>>>こちら


まとめ

記事下の部分は大変重要な場所です。読者はここで読み終わって帰ってしまうか、この一覧を見てさらに記事を読んで頂けるかの重要な場所です。

アフィリエイトやGoogleアドセンスで効果を上げる場合には、この記事下に設定されることをおすすめいたします。