テレワークで最もよく売れた『在宅用のPCモニター』と背景

トピックス
この記事は約2分で読めます。

新型コロナ禍でのテレワークでよく売れたPC用のモニターを紹介します。

在宅で仕事をする場合は大きめのモニターが必要になります。どんなモニターがよく売れたのか紹介します。

その①:よく売れたモニターNo1
その②:テレワークの使い道
その③:今後のPCモニター市場
スポンサーリンク

その①:よく売れたモニターNo1

新型コロナの影響で在宅での仕事が普通になってきました。働き方の改革からテレワークではいつもと違うモニターが便利になったようです。

どんなモニターが売れたのかをネット販売や調査資料を基に調べてみました。

デルSE2416H

多くのユーザーに選ばれた実績をもつDellのモニターは23.8インチでテレワークでの作業効率が良かったのが理由のようです。

デルSE2416H

デルSE2416H(Amazon)

コストパフォーマンスもAmazonでは13,000円台で買えるのでお得感があるのも人気のようです。

スポンサーリンク

その②:テレワークの使い道

そもそもテレワークで自宅で作業するときはノーとPCでも良いのですが、問題はモニターが大きいほうが効率がよいことです。

Dellが23.8インチのモニターを売った実績を分析するとやはりテレワークにピッタリな設計だったと思われます。

テレビ会議やオンライン帰郷などオンライン化が一気に進んだ今回の緊急事態宣言に発した在宅勤務でPC環境も一気に進化が始まったようです。

USB Type-Cポートで接続が便利なモニター

『DisplayPort Alternate Mode』に対応したUSB Type-Cポートを搭載したノートPCであれば、USB Type-Cケーブル1本で接続できるモバイルモニターが手軽で便利に使えます。

ノートPCでもマルチディスプレー環境で広々としたモニター環境が作れます。

ThinkVision M14(Amazon)

その③:今後のPCモニター市場

アフターコロナの時代は前に戻るのではなく、新たな世界へ進化するようです。

企業もテレワークでオフィスの縮小化ができて経費を節減した分社員の仕事環境に投資することが可能となりました。

一方社員はテレワークによってどこでも場所を選ばないことが不通となり環境の良い郊外や他県への移住も進む傾向が出てきました。

テレワークが効率良くできるには従来のモバイルからテレオフィスとして使い易い大きさとコスパが重要になるのです。

おわりに

テレワークでよく売れたPC用モニターを紹介しました。今後もテレワークの進化でさらにモニターの進化が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました