「レンタルサーバーとは?」5分で簡単にわかる仕組み

初心者がブログを始める時によく聞く「レンタルサーバー」という言葉。これはいったいどんなものなのでしょうか?簡単に説明します。

そもそもレンタルとは?

その名の通り、借りる事です!

レンタルとは、貸し出すことをいいます。たとえば、レンタカーなどは自動車を貸し出すから、レンタカーなのです。

つまり、貸し出すから「レンタル」という名前が付くのです。

では、なぜ貸し出す必要があるの?

それは、サーバーというものを自分で持つと、費用がとても高く手、管理も大変なのです。だから、レンタルサーバー会社が貸し出して簡単に使える様にしているのです。安く使えるし、管理もいらないからね!

ところで、サーバーとはなんなのか?

ここが難しく語れば難しいし、簡単に語れば1分で終わるのです。

自分が作ったブログを置いておく場所がサーバーです。そこにブログを置くと、世界中の人々が自分が作ったブログを見る事ができるのです。

その場所に見に来ます。もちろん、その場所には自分専用の住所(ドメイン)があります。

その住所(ドメインの例:https://〇〇〇.com)がわかれば、そこに置いたブログを見る事ができるのです。

上の例では、BさんがA君の住所(ドメイン)を知っていれば、直接( https://〇〇〇.com )をブラウザーから入力すると、A君の作ったブログを見る事ができます。

もちろん、Aくんの住所(ドメイン)を知らない人は、Google等からキーワードで検索してAくんが作ったブログを見つける事ができますね。

例えば、Aくんが「吉祥寺の特別なスイーツ」なるブログを作って、レンタルサーバーにアップしておきます。Aくんを知らないBさんが、「吉祥寺に美味しスイーツのお店はないかな、さがしてみよう」と「吉祥寺 スイーツ 美味しい」で検索すると、Aくんのブログを発見するかもしれません。

重要な役割を果たしているのがサーバー

実際には、サーバーは止まったら、そこにあるブログをだれも見ることが出来ないのです。

サーバーは24時間、ずっと休みなしで動いいていることが実用なのです。それほど大事なサーバーを自分で管理するのは、大変な事でもあり複雑なスキルも必要です。

そこは、レンタル会社にお任せして、サーバーを借りることにしたのが、レンタルサーバーの仕組みなのです。

安心して使える、おすすめのサーバー

途中で「サーバーがダウンした!」となれば、一大事。最悪、ブログを見ることが出来なくなったりします。レンタルサーバー会社では、ダウンしても影響が無いように、何十二もバックアップ体制をとっていますので、安心です。

その中でも、動作も早く(ブログを、サクサクと見れる)、安定しているのがエックスさーばーです。詳細は下のリンクから閲覧して下さい。

始めてレンタルサーバーを使う方には、おすすめです。

参考記事を紹介します。

nao(NAOテック)