ブログのPVと収益に変動の波がきています。

最近のブログの変動が気になっていました。今までに無い動きなのです。なにが原因なのか、予測を交えて検討しています。

7月の第1週は、絶好調な動き

ブログを開設して7カ月目を迎えた7月上旬の1週目、アドセンスの収益とPVは最高を維持していました。7月は過去最高になるのではないかと期待がふくらいみます。

PV数が増えているから、当然広告表示回数も増加して、収益に結び付くというシナリオが上手く働いていたのです。

7月の2週目あたりから徐々に・・・

これは時期的な変動かもしれません、PV数はそれほど減少はしていないのですが、どうもクリック率が減少傾向にありました。

そこで、コンテンツの問題もあると推測して整理とリライトをしてみました。

7月16日、PVが底になる。

とうとう、7月16日にはPVが今月最低まで落ち込みました。それにつれてアドセンスの収益見込み数も減少しました。

翌、17日はPV数が8割程度持ち直したのですが、広告のクリック数はゼロです。これも初めてです。

こんな異常事態は、初めてです。Googleアドセンスのポリシー違反等を全て確認しましたが、異常はありません。

7月17日、アドセンスの広告配置を変更する

クリック率が悪いのは、広告配置のバランスが原因と思い、配置を変更しました。

7月18日 過去最高に近い収益とPV数にアップ

こんな大変動も珍しいのです。過去最高額をたたき出してのです。昨日の広告配置が原因だと考えていました。その過程は別途記事に書いた通りです。

それ以降、減少に転じる。

それから、徐々に減少に転じています。ある程度PV数を稼いでいるのですが、クリック数が減少しているのです。

原因を検討する。

クリックが減少する原因

広告がクリックされるのは、オーガニックな検索流入が多い時なのです。PV総数が多くても、検索からの流入割合が少ないと広告はクリックされないことは、データから見えていました。

つまり、検索流入からくる読者は広告を見てクリックする確率が高いのです。半面、リピーターの読者は、毎回同じ画面で広告を見ているので慣れてしまいクリックに結びつかない可能性が高いと読み取れるのです。

データを再度検証する。

Googleアナリティクスで検索からの流入を見ると、変動があります。1週間の検索流入は変動しているので、それが原因かと感じました。

しかし過去との比較では、さほど大きな変動ではありません。

記事の検索順位の変動はなし

検索で1位~3位を占めている記事の検索順位をGRCのデータで追いかけてみましたが、順位の変動はありません。むしろ順位が上がっている記事がある位です。

まとめ

しばらく様子を見て原因を調べたいと思います。7月18日のパンダの影響とも思いましたが、検索順位の変動がないので、それも原因とはいえないのかもしれません。

むしろ、小さな記事が評価を下げていてそれらが稼いでいた部分が無くなり全体として中間以下の記事評価がさがり、そこからの流入が減少している可能性も考えられます。広告をクリックする読者層が減少しているのです。

専門的なことを知りたい読者は、広告をクリックする確率が低いかもしれません。

評価の高い記事には、検索からの流入が増えていて、相対的にはPV数は落ち込んでいないように見えているとも考えられます。

nao(NAOテック)