「モバイル ユーザビリティの問題が新たに検出」に対する対処方法

SEO対策
この記事は約3分で読めます。

Googleサーチコンソールに
Google Search Console Team から
「モバイル ユーザビリティの問題が新たに 検出されました」
というメッセージが届き表示されました。

メールでも同様にお知らせが届きました。

このメッセージに関する処理方法を紹介します。

「モバイル ユーザビリティの問題・・」の警告内容

メッセージのタイトルの内容を確認すると
以下の引用の通りです。

Search Console により、貴サイトに影響する「モバイル ユーザビリティ」関連の問題が 3 件検出されました。

引用:Googleサーチコンソール

この例では、3件が検出されたことを表示しています。

メールでは次の様な内容です

3つの種類の問題

今回のモバイルユーザビリティの問題のメッセージには
1~3の3つの種類があることを確認しました。

  1. テキストが小さすぎて読めません
  2. コンテンツの幅が画面の幅を超えています
  3. クリック可能な要素同士が近すぎます

1件ずつ対処する方法

Googleサーチコンソールの「モバイルユーザビリティ」
クリックすると
以下の様にエラーが表示されます。

あるいはメールにある青いリンク
「モバイルユーザビリティの問題を解決する」
リンクをクリックします。

エラーメッセージを確認

サーチコンソールのモバイルユーザビリティには
エラーメッセージの件数が表示されます。
以下の画像では3件となっています。

下にスクロールすると、エラーの詳細が表示されます。

1件ごとにエラー項目を処理

エラー表示をクリックします。
3件あるので、1件ずつクリックして処理します。

上から順番に処理します。

はじめに「テキストが小さすぎて読めません」をクリックします。

すると検証をする画面が表示されますので、
右下の「検証を開始する」をクリックします。
(キャプチャ忘れました)

すると同画面の左下が「検証:開始」の表示になります。

3件を同様にクリックしていきます。

この状態で検証が終了するまで待機します。

1日~数日の場合があります。

検証開始のお知らせはメールにも届きます。

アカウントのメールアドレスには、
検証中であることを知らせる以下のメールが届きます。

検証が完了すると結果のメールが届きます。

その後修正が完了するとアカウントに登録したメールアドレスに
それぞれの問題が修正されたとお知らせが来ます。

サーチコンソルから確認

修正されたかどうかをサーチコンソールの
「モバイル ユーザビリティ」から確認すると
以下の様に「検証:合格」になっています。

今回の検証について

今回の3件の内容を確認しましたが
とくに問題となる箇所は発見できませんでした。

そこで、特に処理をしないままで
修正を開始してみました。

結果は、検証が合格となっていました。
合格の要因は不明のままですが結果として合格です。

以上で「モバイルユーザビリティの問題」を
処理する方法を紹介しました。

なお@NAOテック

タイトルとURLをコピーしました